忘年会の帰り道、一年先輩と歩いていて女房の話になった。

結婚は俺の方が早かったのでその点では俺の方が先輩だったんだけど。

その先輩が新婚にもかかわらず、俺の嫁のことをあれこれ羨ましがるんで 「そんなに言うんならとっかえましょか」

と言ってやった。

すると「え?ホントにいいの?マジ?マジ?」

って、真顔で言ってる。

俺も酔った勢いで 「いいですよ。

てか先輩はいいんすか?」

と返すと 「ぜーったい、Kの嫁さんの方がいいわ」

だって。

これにはかなり引いたが自分の女房を褒められて悪い気はせんかった。

とここまでは、酔っ払いのたわ言だったのだが、 数日後、俺がしでかしたトンでもない失敗で先輩に大きな借りをつくってしまった。

へたすりゃ、即クビもやむを得ない状況だった。

それを先輩が盾になってかばってくれたのだ。

俺にはそんな先輩に返せるものなど何もなかった。

せめてもの償いのつもりで、先輩とその夜飲みに行った。

先輩は俺に気をつかっていたが、やはりかなり上から絞られたらしく酒を煽るように飲んでいた。

口数がだんだん少なくなる先輩に別の話をしようと先輩の新婚生活のことを聞いた。

やぶへびだった。

奥さんとは最初からギクシャクしてたらしく、余計に先輩はブルーになった。

セックスレスって、新婚なのに。

もう殊更にそのことを聞く気にはなれなかった。

俺は忘年会の帰り道での話を思い出した。

「俺ん家、泊まってきますか」

と俺が言うと、先輩は「悪いな」

と言ってまたグラスを開けた。

俺と先輩が自宅に着いたのは22時を少し回ったころだった。

女房にはメールで先輩を連れて行くとだけメールで知らせておいた。

女房が出迎えた。

それなりに薄化粧して身なりも整えていた。

先輩はやたらに恐縮していた。

女房も俺には「前もって言ってよね!」

と迷惑顔をしていたが、 俺が正直に会社でのことを話すと平身低頭して先輩に礼を言った。

あり合わせの物で飲み直しをした。

アルコールが入ると女房はやたら明るくなった。

先輩も気が楽になったのか、さかんに女房のことを褒めちぎっていた。

女房の気持ちが和み、緩んでいるのがわかった。

俺は何も言わずに寝室に消えた。

目が冴えて眠気は全く起きてこない。

ダイニングから二人の話し声がTVの音声に混じって、聞こえていた。

しばらくすると女房が寝室に入ってきて、パジャマに着替えた。

俺はわざと寝息を立てていた。

もし布団に入ってきたら先輩のことを聞いて、もう一度なんとかと思っていたが、 女房は再び寝室を出て行った。

23時30分を少し過ぎていた。

やたらに喉が渇いてきたが、俺は我慢した。

時間がなかなか進まないように感じた。

寝室の外の音に耳を澄ましてみるがTVの深夜ニュースの声しか聞こえてこなかった。

顔が熱く火照り、喉がカラカラになった。

先輩が女房に欲望のはけ口を求めているだろうか。

女房はそれを受け入れているのだろうか。

異様な心理状態で、俺は蛍光色の時計の針をぼんやりと見ていた。

眠るでなく、ただ目を閉じているだけで股間がカチカチに硬直していた。

深夜、女房が静かにドアを開けて寝室に帰ってきた。

少しの物音でもはっきり目が覚めた。

それだけ浅い眠りだった。

女房がそっと布団に滑り込んできた。

俺はそのとき、ほとんど反射的に背中を向けて寝ようとする女房を後ろから抱きしめた。

普段なら照れ隠しの戯言を言ってはぐらかす女房だったが、 そのときは俺の手が胸をまさぐるのを止めようとはしなかった。

女房は一言も発しなかった。

俺も無言のまま、女房の乳房を鷲づかみにした。

女房の肩を引き寄せ、こちらを向かせた。

女房の頬が涙で濡れているようだった。

俺は頬を手で拭い、女房の口を吸った。

嗚咽を押し殺すたびに、女房の横隔膜がかすかに痙攣していた。

涙の意味など敢えて聞かなかった。

俺は女房の体の変化だけは見逃すまいと執拗に愛撫を重ねた。

いつもなら次第に燃えてくるのに、明らかに燻ぶっていたものが一気に燃え上がった。

両足の間に足を割り込ませるだけで、女房の息は苦しそうに乱れた。

指を這わせると、湿っぽい感覚がパジャマの生地からでもわかるほどだった。

先輩の体温を指先に感じてやろうと、パンティを手繰る。

わずかだが、腰を引いて抵抗した。

しかし…。

絶頂があまりに早く訪れたことへの驚きと戸惑い。

それは女房自身も感じていたことだろうと思う。

不思議なもので、それまでに経験したことのないほど激しいセックスをした。

覚悟の上だったとはいえ、理性では抑えられない男としての本能のなせる業だったのだと思う。

すでに過剰なまでにぬめっていた女房。

硬くしこり立った乳首。

上気した頬の熱さ。

シーツを掴む指先。

目の前の光景が少し前まで、他人に晒されていたと思うだけで、 息切れしそうなピストン運動も苦にはならなかったのも事実だ。

混乱した頭で俺は最後の放出を女房の口の中に。

「飲め!」

どうしてそんな言い方をしたのかわからない。

混乱は混乱を呼んだのか、女房は言われるままにあれを飲み込んだ。

精根尽き果てて、俺はいつのまにか眠ってしまった。

朝、目覚めると女房はすでに起きていた。

昨夜の出来事がまるで夢物語であったように普通に朝食の準備をしている。

ただ私たち家族の食卓のすみで、しきりに髭面を気にしている先輩の姿があった。

昨夜のことなどおくびにも出さないが、3人とも深く心の奥にしまいこんで不思議なバランスを保っていた。

誰かが何かを言い出せば崩れてしまう、ピンと張りつめた緊張感だった。

それから暫くして、人事異動があった。

先輩だけが地方に飛ばされることになった。

原因は先輩の結婚生活の破綻だとまことしやかに囁かれた。

先輩の結婚相手は社長の血縁だったからだが、本当かどうかはどうでもいいことだった。

先輩の事を女房に話した。

送別会のあと、再び先輩を連れてきてもいいかと聞くと、女房は少しも迷惑そうな顔をせず、 何を用意しておこうかとか、淡々としていた。

あの夜の事を忘れてしまったのかと、そんな気にさえなった。

敢えてそう振舞っていた方が自然だと判断したんだろう。

ともかく、俺は先輩を再び我が家に招きいれた。

先輩は事の他上機嫌だった。

まるで左遷される人とは思えないくらいだ。