妻も寝たことだし、こっそりと。

小学生の頃、体験したちょっとHな話をば。

うちの斜め前に幼馴染の瑞季ってのが住んでました。

親同士が仲が良く、物心ついた時から家族づきあい。

瑞季は俺より年齢が1つ上だけど、小さい頃はいつも一緒にいたものだった。

しかし大きくなるにつれ、お互いに照れが出てきたり、 互いに同性の友達と遊ぶ事の方が多くなり、ちょっと疎遠になった。

俺が小6、瑞季が中1になったばかりの頃、ある日、 家から出ると瑞季んちの前で、瑞季が2人の友達と立ち話していた。

みんな同じ中学のセーラ服。

そのうちの1人が俺を見るや否や、 近づいてきて、興味津々といった感じでこう聞いてきた。

「ねえねえ、君がケンジクン?君、瑞季とお風呂入った事あるんだって?」

この女、紗枝と言った。

瑞季の中学の同級生。

もう一人の女、梨花も同様。

年齢は1つしか違わないのだが、小学生の俺から見れば、 中学生、制服ってだけで、ちょっと大人に見えた。

瑞季と風呂、確かに小学低学年の頃まではよく一緒に入っていた。

幼馴染なんだし、子供の頃のこと。

むしろ家族的な感覚。

だけどいきなり知らない人にこんなふうに聞かれて、俺は慌てた。

そんな俺の態度が面白かったのか、紗枝、梨花には余計と冷やかされた。

俺は恥ずかしさのあまり、猛ダッシュでその場から逃げたよ。

後でこっそり瑞季に、「言うなよ」

って詰め寄ったら、 瑞季、「話の流れで。

こんなに過剰反応されるとは思わなかった」

そうな。

それ以来、紗枝、梨花にたまに会う度、からかわれた。

俺が友達といても、二人はお構いなしだったので、 俺は友達の手前すごく恥ずかしかったのを覚えている。

紗枝、梨花と、瑞季もだいたい一緒にいたんだけど、 いつも彼女は二人の後ろで何となくばつ悪そうにしてた。

夏休みのある日、両親と弟が旅行に出かけ、俺は一人でお留守番。

小6にもなって、親と旅行なんて恥ずかしいと、俺は家に残ったわけだ。

夜の7時くらいに親から電話があり、それを切った直後にまた電話が。

またかよと思い、電話に出ると、「あ、ケンジクン?きゃ〜、あははは」

受話器から騒ぐ声が。

それは紗枝だった。

後ろに梨花らしき声も。

何でも今、お泊り会とやらで瑞季の家にいるそうな。

そう言えば瑞季の両親もうちの両親と一緒に旅行中。

で、紗枝は今から瑞季、梨花と3人でうちへ来ると言う。

俺は「来るな」

って断ったんだけど、3人は結局やって来た。

まあ、瑞季の家、うちの斜め前だし・・・。

俺の部屋で紗枝と梨花はぎゃーすかぎゃーすかウルサかった。

瑞季は話を合わせる程度。

元々おとなしいほうだし、 俺に対して悪いなと思ってたんでしょうか。

それにしても女ってのは噂話好きだな。

ずっと誰がどうした何がこうした喋くってたよ。

そんな話なら別に瑞季の家でやればいいのに。

何度か紗枝に、「君はどう思う?」

と振られたが、俺に分かるはずもない。

紗枝は俺に対してはお姉さん口調だが、結構ズバズバものを言ってくる。

そして紗枝の「キミ」

という呼び方、俺には違和感があった。

俺はこんな気取った二人称で呼ばれたのは初めてだった。

いい加減、何時になったら瑞季んち戻るんだろうと思ってたら、 何とお泊り会の場所をうちに変更しようと言い出した。

もちろん俺は抵抗したのだが、紗枝、梨花は強引だし、 まあ、瑞季いるし何とかなるかと渋々了承した。

突然、「ところで君はもうお風呂入ったの?」

と紗枝がニヤニヤ聞いてきた。

面倒だから元々入るつもりなかったし、そもそもこんな状況で入れるかよ。

「いや、もう今日は入らない」

とぶっきらぼうに答えた。

「不潔だなあ。

あ、そだ。

お姉さんたちと一緒に入ろっか?ね?」

何を言い出すんだ。

俺は嫌がったが、梨花も一緒になって煽る。

「瑞季とは入れて、私らとは入れないのかよ〜!」

いや、だからそれは子供の頃の話だし・・・。

結局、強引な二人に押し切られた。

それから湯船に水ためて、風呂沸かすまで数十分。

その間、女三人はいったん瑞季の家に荷物とか取りに戻った。

そのまま戻ってくるなと思った。

うちの風呂、狭いのでさすがに4人一緒は厳しい。

瑞季もそれを知ってか、いや、単に嫌だったんだろうけど、 「私は部屋で待ってる」

まあ、これが常識的対応だわな。

瑞季には退屈しないようにと、ゲームとか漫画とか適当に渡して、 「親には言うなよ」

と口止めしといた。

俺は先に一人で風呂に入り、湯船につかっていました。

もちろんタオルで股間はしっかし隠して。

しばらくすると脱衣所に紗枝と梨花の気配。

「なんだこりゃー。

ケンジのパンツきたねー」

梨花だ。

男みたいな喋り方で、がさつだ。

二人はきゃーきゃー騒ぎながら、服を脱ぎ、風呂場に入ってきました。

当然の事ながらバスタオルを厳重に体に巻いて。

「がっかりした?裸だと思った?」

と紗枝にからかわれる。

まあ、見たくないといえば嘘になるけど・・・。

それでも目のやり場に困り、2人の方をなるべく見ないようにしてた。

「うげー、せまーい。

ケンジ、1人で湯船つかってるよ。

ぎゃははは」

と梨花。

わけ分からんし。

全くこの女は品がない。

スレンダーな紗枝、ちょっとぽちゃっとした梨花。

うちの風呂の湯船は2人くらいしか入れないのに、 2人は強引に入ってきます。

タオル巻いたまま。

3人ではぎゅうぎゅうでしたね。

お湯、ほとんど流れちゃうし。

そのくせ、梨花は俺に「くっつくな〜。

やらし〜」

とウルサイ。

無理。

俺は、「もう出ていいか?」

と何度も聞いたんだけど、「ダメ」

俺は風呂場は声響くし、近所に聞かれたら事だと思い、 騒がしい2人に、頼むから静かにしてくれと懇願するが、 それでも小声で実況はやめないし、また声が大きくなっていく。

そして梨花、紗枝と、1人ずつ交代で体洗ったんだけど、 俺はその間、湯船の中で壁の方を向かされていました。

女は体洗うの長い。

俺はその間ずっと湯につかってたので辛かった。

梨花が体洗っている時、紗枝が実況するんですよね。

「梨花は腕から洗います。

あ、胸へ。

かなり膨らんでます。

けっこう発育がいいですね〜。

もうこれはオッパイと呼べるでしょう」

云々。

梨花も笑いながら、「ぎゃははは。

やめろよ〜。

恥ずかしー」

正直、想像して、風呂場ん中で勃起してました。

生殺し状態。

紗枝が体洗う時には、「ケンジクン、別にこっち向いていいよ」

と言われたんですが、 俺は恥ずかしくて、ずっと壁の方向いていました。

「あはは。

照れてるの?かわいい〜」

と紗枝。

ちなみに紗枝が洗っている間は、梨花が仕返しの実況。

二人が洗い終えて、ようやく風呂から出れると思いきや、 「ケンジも洗えよ。

私ら見ててやるから」

と梨花は笑いながら言う。

「やだよ。

面倒だからもう出る」

「あ、な〜んだ。

お姉さんたちに洗ってもらいたいんだ?」

と紗枝。

「んなわけない!わー、やめれ!」

結局捕まり、俺は結局洗わせる羽目に・・・。

紗枝に迫られると、俺は何故か断りきれない。

何か苦手なんだな。

俺は勃起をバレないように、タオルで厳重に股間を隠し、 猫背で風呂椅子に座った。

紗枝は俺の背後にまわり、石鹸で泡を立てたスポンジで 軽くちょこちょこと背中をふく。

くすぐったかった。

「お客さん、かゆいところはないですかー?」

と紗枝はクスクス。

「わー、こいつ尻割れてるー。

きもちわるーい。

やだー。

ぎゃはは」

梨花は一人湯船につかり爆笑している。

尻は普通割れている。

紗枝は俺の背中洗いながら唐突に、「ね、お姉さんたちの裸みたい〜?」

「いいよ。

そんなもん見たくない」

俺はまたからかわれていると思い、ぶっきらぼうにそう答えた。

する紗枝が俺のトントンと肩を叩く。

俺は反射的に振り向いた。

するとそこにはバスタオルを開いた紗枝が立っていた。

まあ、俺が振り向くとすぐに、さっと隠したので、 一瞬しか見えなかったが、うっすらと生えていた股間の毛が印象に残っている。

悪戯顔で紗枝は、「見えた?」

俺は何も言わず俯いた。

すごくドキドキした。

今度は梨花に、「おい、ケンジ」

と呼ばれる。

また反射的にそっちを見ると、 湯船の中で立ち上がった梨花が、後ろ向きでタオルをまくりあげ、 まん丸なお尻をぷりぷりと振っていた。

当然、割れている。

俺はビックリして、またすぐ目をそらし俯いた。

梨花は、「ぎゃははは、やらしー」

と大爆笑。

俺は顔から火が出そうだった。

この人たちはこんな事して何が楽しいんだ? その後、何を思ったか紗枝は急に俺の両肩を揉みながら、 「君、もしかして興奮しちゃったのかな?」

と言い、前を覗き込んできた。

俺は絶対に勃起がバレないよう、咄嗟に股間のタオルを手で押さえた。

「ちょっと見せてみろよ」

と梨花。

「やだよ」

と俺。

「洗ってあげるから。

まだ子供なんだし、そんなに恥ずかしがらないの」

紗枝は俺を子供扱いするが、年齢1つしか違わないじゃん。

しばらく紗枝とタオル争奪戦。

また結局奪われました。

やっぱり紗枝には強く断れない・・・。

俺はタオル取られた後も、手で隠してたんだけど、 「隠す事ないだろぉ。

紗枝が洗ってくれるってよ」

「あはは。

照れちゃって、かわいい〜。

はい、手をどけて」

紗枝に言われると、言うこと聞かなきゃいけないように気になる。

俺は座ったまま紗枝の方を向き、勃起したチンコを晒した。

「あらら、こんなになっちゃって」

紗枝は笑いながら、泡スポンジでちょんちょんと、チンコに触れてきます。

ちなみにまだ完全に皮被ってる。

毛も数本しかはえてません。

梨花は大爆笑してました。

紗枝は直接手では触れないものの、スポンジで軽く擦ってきます。

精通も済ませたばかりのまだまだ敏感な俺のチンコ、 おまけにこの状況。

すぐにピーク状態。

ヤバイ。

出ちゃいそう・・・。

でも二人にそんなところ見られたら、また何言われるか。

我慢しなきゃ。

俺はばっと紗枝のスポンジを振り払い、背中を向けチンコをぐっと押さえた。

しかし時すでに遅く、手の中でいってしまいました。

手の中が温かくなるのが分かる。

あ〜あ。

どうしよう。

その瞬間、紗枝は、「あっ・・・!」

とだけ言い、後は無言。

梨花は、「あれ?どうした?泣いてんのか?」

と疑問。

「うるさいうるさい!ちょっとオシッコしたくなったんだ!」

と俺は苦しい言い訳をした。

梨花はプッと笑い、 「何だよー。

ここでションベンするなよ!きたねーなー」

湯船をお湯をばしゃばしゃとかけてきました。

その後、紗枝が、「そろそろ出よっか」

と梨花を促し、 二人は風呂場から出て行きました。