溢れるエロエロ日記

風俗体験記「溢れるエロエロ日記」をご覧の皆様、はじめまして。 このブログでは風俗だけではなくエロい体験談の投稿を掲載していきます。 末永く、ご愛読いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 合コン


学生時代にコンパで知り合った4つ年上のお姉さんに筆おろしされた。

今となってはいい思い出。

俺が大学3年の頃の出来事。

当時の俺は下宿仲間と女っ毛はないが毎日楽しく過ごしていた。

入学してから何回かコンパに参加したが、人見知りで女と話した経験もあまりなく、上手くいくはずもなかった。

ある時下宿の仲間がテレクラか伝言ダイヤルで知り合った女とコンパをする話をもってきた。

どうせつまらんだろうと思いつつもドキドキしながら参加した。

4対4だったんだが、俺たちは皆20、向こうは20から26だった。

女たちの見た目は20才はそこそこカワイイ、23才は可愛くないがエロそう、 24才は冷たい目でエロそう、26才はキレイな感じだった。

コンパはそこそこ盛り上がった。

カラオケから、24才は俺にベッタリとなっていた。

帰り際に電話番号の書いてある紙をもらった。

数日後悩んだ末に電話をかけ、デートとなった。

何処に行ったかは忘れたが、夜には俺の部屋にいた。

冬だったのでこたつに入りながら 卒業アルバムを見せたり、他愛のない話しをしている内に女が寝始めた。

女はこたつに浅く入ったまま俺に背を向けていた。

短いキュロットのしたに黒いパンストを穿いていて、 くのじになってこっちに尻を突きだす様な格好だった。

おーい、風邪ひくぞ的なことを言いながら、尻を叩いてみたが反応無し。

今考えればこっちを誘っていたんだと思うが、俺はどうしていいかもわからず。

体が触れる程度に近づき寝たふりをした。

デートした最初の日にこんな事になるとは考えてもなかったので頭はパニくっていた。

それでも髪の匂いを嗅いだり、太ももを軽く 触ったりしていた。

こたつでは尻をさすって、女に添い寝する事が精一杯。

ギンギンになったモノをキュロット越しに押し付けて少し寝てしまった。

女もいつの間にか本当に寝ていたと思う。

はっと目を覚ますと夜が明けていた。

朝の5時過ぎだった。

俺はもう女を帰すバスの時間の心配をしていた。

時間までベッドで寝ようと、女を起こして二人でベッドに入った。

布団に入って寝ようとしたら、女が上目遣いで俺を見ていた。

目があってしまい、ドキドキしてるとキスをしてきた。

これが俺のファーストキスになった。

俺は「 エッチしてもいい? 」

って聞いてしまった。

ここまできてそんな事聞くなんていかにも童貞だ。

女はうなずいたので服を脱がしていった。

どこから脱がせたらいいのか分からなかったので、まずキュロットを脱がしてみた。

布団が少しずれていたので、黒のパンスト越しに、白いレースっぽいパンツが見えた。

俺は興奮して、パンストの上から股間をまさぐり、もう片方の手でブラウスの上から胸を揉んだ。

もう何処から手をつけていいのか分からない状態だったが、 女が自分でブラウスを脱いだので、ブラジャーを外してやった。

女は身長が145、6ですごく小柄だったんだが、乳首が小さめのきれいな形の胸だった。

後で聞いたらCカップと言っていた。

俺は股の間に入り、両手で胸を揉みながら、乳首を舌で転がしていた。

そのままお腹にキスしながら股間の方へ下がっていった。

目の前に見えるパンスト越しのパンツには興奮するが、パンストの上から愛撫するのは難しかった。

俺はパンストごと脱がしてみた。

そしてもう一度胸を舐め回しながら、股間をまさぐってみた。

トロトロって表現があるが正にその状態だった。

布団の下のゴムを出したが、緊張のせいかさっきまでギンギンだったモノが萎えていた。

俺は正直に「入れたい」

と女に言った。

するとさっきまで目を閉じてた女が目を開けてにっこり微笑んだ。

下から俺の首に手を回してキスをすると、体勢を上下入れ替えた。

俺のモノを触りながら、首筋や耳に舌を這わせてきた。

くすぐったい様な、ぞくぞくする様な感じだった。

時折俺の頭を撫でる様にしてくるので気持ちよくてされるがまま。

そのまま乳首も舐め始めたので初めての快感でギンギンに復活した。

乳首を舐めながら、モノをしごかれて、気持ちよくて目を閉じてたら、急に手の動きが止まった。

目を開けると上目遣いでこっちを見ていて、目が合うと、こっちを見ながら動かし始めた。

それ以上されるといきそうという時に、ゴムをつけてくれた。

また体を入れ替え、正常位の体勢になると、自分の濡れ具合を確認してから、 俺のモノを掴んで導いてくれた。

女にゆっくりいれる様に言われたので、そのとおりにした。

女の中は温かくて、腰を振ると凄く気持ち良かった。

俺が腰を振ってる間、女は俺の首に手を回しながら、頭を撫でていた。

何分か腰を振ってると女が凄くのけぞって、締まった感じがした。

後で聞いたらイったらしい。

俺は腰が疲れて射精前にピストンをやめてしまった。

モノを抜いて女に添い寝したら、俺がイってない事に気づいて、ゴムを外して口でしてくれた。

フェラも初めてで、あまり触られたことのない先っちょを舌で刺激されて、じたばたしてしまった。

限界がきて「イってもいい?」

と聞いたがそのまま続けられた。

口の中に出してもいいか分からなかったので「出る!出る!」

と女に言ったがそのままイってしまった。

女は口の中のものを飲んだのでびっくりしたが、終わったあと添い寝した。

女は「かわいい」

と言いながらしばらく俺にくっついていた。

そのまま少し寝たが、ふと目を覚ますと女はベッドの横に座ってタバコを吸っていた。

一仕事終えたみたいな感じだった。

昼過ぎに女が帰るまでベッドでイチャイチャして過ごした。

アソコをじっくり見せてもらったり、四つん這いになってもらったり。

筆下ろしの話はここまで。

その後は俺の願望であったアナルや縛り、 パイパンにしたり、会社の制服でしたり、 筆下ろしされてから半年ほどで色々経験させてもらった。


俺は、そこで初めて気付いた。

(俺、めっちゃ勃起してる…) この異常な状況、緊迫感、追い詰められた精神状態の中で、俺のチンポは、下腹にくっつくほどそそり立ち、痛々しいくらいに先端をふくらませ、これまでにないくらい勃起していた。

おまけに、今にも放出しそうなほどのガマン汁を垂れ流している。

「ぷっ。ちっちゃ」

しかし木下は、俺の耳にそう囁いた。

(お前のは、もっととてつもなくデカいっていうのか?) 浮かんだその想念が頭から離れず、俺は果てしなく混乱した。

少しでも思考すると、嫌な予感と見たくもない映像が、脳裏をかけめぐりそうになる。

全員のチンポを剥き出しにしすると、木下は、俺たち一人ずつのそのチンポに手をあてがい水平に固定して、障子紙へ突き刺すよう促した。

ビリ…ビリリっ… それぞれ、ガマン汁も出ているから、障子紙はすんなりと破かれていく。

暗闇に4回、突き刺しの儀式の音が響いた。

(あっ、あうぅ…) 障子に突き刺すだけで、俺は思わず射精しそうだった。

なぜこんなにも興奮しているのか、自分でも不思議でたまらない。

木下の立ち位置は、1番目だった。

最後に、木下がズブリと障子にチンポを差し込む。

いや、それは捻じ込むと言って良いように感じられた。

太く逞しい木下の勃起は、俺の1・5倍はありそうに見えた。

(マ、マジかよ…) 俺は、フェラチオを放棄して向こう側へ、真奈美を救いに行きたくなった。

なのに、声すら出せない。

切なく苦しい。

猿ぐつわを外して欲しくてたまらない。

俺の足が震えだした。

「こっちオッケーっす、美穂センパイ」

「了解!」

短く美穂が答える。

男がスタンバイしたら、女の子を1人ずつ、障子から突き出たチンポを口に含ませていくのが、女子のキャプテンの務めである。

「フェラチオ祭り、スタートふぉーーーっ!!」

木下の奇声が響いた。

女の子が咥えていく順番は、女子のキャプテン任せになる。

目隠しをされているそれぞれの子の口を、女子キャプテンは、男たちのチンポの前へと持っていき座らせ、咥えさせる世話をするのだ。

この会に参加していた頃、俺はいつもいつも、この瞬間が一番昂揚した。

胸が高鳴り、女の子の口が待ち遠しくて胸が焦がれたものだ。

今はしかし、そのどんな時よりも、激しく鼓動が高鳴っていた。

男は声をもらせない。

しかし様子を見ていれば、咥えてもらったかどうかはすぐ分かる。

俺の右隣、5番目の位置に立つBがまず、その素振りを示した。

(次は俺か?) しかし、続いて俺の左側、1つ向こうのAが咥えられたらしい。

Aは腰を前にせり出し、奥深くまで咥えてもらおうとしていた。

(バカ!お前が誘わなきゃ、こんなことにはならなかったんだぞ!) そして今まさに、俺の左隣のDが身悶えた。

残るは俺と木下… やがて、木下が腰を震わせた。

咥えられたのだ。

(俺がラストか…頼む、真奈美であってくれ。

真奈美、俺のを咥えろよ!) 念じる俺の股間で勇ましく勃起するチンポが、温かい口にクチュっと包まれた。

咥えられる刹那、このゲームの記憶を俺は思い出していた。

(俺がラスト!?) ラストに咥える女子は、必ずキャプテンなのだ! つまり真奈美は… (まっ、真奈美っ!真奈美は、真奈美はっ!?) 俺のチンポを咥えているのは真奈美じゃないっ! 俺は気が狂いそうだった。

(止めさせなければ!) なのに、腰から力が抜け、膝がガクガクと震えて動けない。

しゃぶられるチンポはとろけそうに熱く、ジュクジュクとガマン汁をしたたらせているのがわかる。

(だっ、誰が真奈美を…真奈美は誰のチンポをしゃぶってるってんだ…) 絶望に近い気持ちが湧き起こる。

じゅる、じゅぼぽ… ちゅっ、クチュクチュクチュ… ずちゅ、ずちゅ、じゅるる… 幾つものこもったフェラ音がこだまして聞こえる。

俺はもう、頭がおかしくなりそうだった。

(早く、真奈美…真奈美を…早くしないと…あっ!あぁ!おっ、あぅおぉぉ…) 唐突に、俺のチンポは射精を始めた。

物凄い勢いで、物凄い量の精液を噴出しているのがわかる。

(あ、あ、あ、あぁ…) 言葉にならない。

亀頭がふくらんで破裂したかと思うくらい、とんでもない量の精液が出る。

それでも、俺の向こうのパートナーは唇を止めない。

温かい、柔らかい口で、俺の怒張のようなチンポを舐めしゃぶり、唇でしごき続けるのだ。

(あぁ、美穂、頼む。

もう離してくれ…) 俺の向こうは、キャプテンの美穂に違いないのだ。

俺は、ようやく長い長い放出を終えた。

フラフラとした足取りで、サンルームへと這うように向かう。

どれほどの時間が経過したのかもわからない。

だがまだ、俺以外は4人とも果てていなかった。

(この中の誰かが、真奈美にしゃぶられてる…) 俺は、力を振り絞るようにサンルームへと出た。

そこには、既に美穂がいた。

「見て、アキラ!凄いよ」

美穂に言われるまでもなく、俺は確かめなければいけない。

(ま、真奈美は誰と…どいつが真奈美に…) 真奈美は、一番先頭にいた。

一番先頭の者の陰になるから、男女限らず、2番目以降の者の様子は、1番目の者の背中側から回り込むように見ないと、その様子を観察できない。

けれど一番先頭は、障子を挟んで咥える様子が、つぶさにわかる。

先頭だけが唯一、男と女の両方の様子を拝めるポジションなのだ。

俺たちはそれを、「ポールポジション」

と言っていた。

そのポールポジションに、真奈美がいる。

咥えているのは、木下の巨根チンポだった。

(真奈美…) 俺の心は虚ろだった。

思考は無に落ちる。

木下の20センチほどもあろうかと言う長大なチンポを、目隠しをされた真奈美は、雁首のエラを丸々と猛らせた亀頭から逞しくぶっとい肉棒の根元近くまで、口を目一杯に開いて、懸命にしゃぶらされていた。

じゅじゅ、ずるると、木下のチンポを飲み込んでは、唇をめくり返すように亀頭まで吐き出していく。

木下の長大なチンポの肉棒が、真奈美の唾液で濡れ光っていた。

ずぽぽ、っと音をさせ、真奈美は、とうてい口にはおさまりきらない大きさの木下の巨根を、舐めしゃぶっていた。

俺は、気が遠くなっていくのを感じた。

(どうして…なんで…真奈美…) 一気飲みした酒のせいか、顔を高潮させフェラチオする真奈美の顔が、俺の知らない真奈美のような気がする。

俺の全身の力が抜けていく。

「すごいね、真奈美。

あんなおっきなちんちん、しゃぶりこんでる…」

囁いてきたのは美穂だった。

美穂はひざまづく俺の後ろに回りこみ、背中側から、俺のチンポを手コキしてきた。

(勃ってるのか?俺…) 俺は、真奈美が木下の極太長大チンポをしゃぶるのを見て、ついさっきおびただしい量の射精をしたくせに、股間のイチモツに血をたぎらせていた。

「アキラのちんちんも、すっごく固くなってるね」

美穂の手コキに、俺はビクンと体を震わせてしまう。

真奈美の口は、木下のふくれあがった亀頭部分をスポっと咥え、どうやらねっとりと舌を使って、舐めしゃぶっているらしい。

(なんで、どうして…真奈美、そんなにまで…あっ…) 俺は2度目の射精をした。

美穂が、ゴシゴシと勢いよく俺のチンポをしごく。

俺のチンポの先っぽから噴出した精液は、真奈美の足元まで飛んだ。

脱力した俺は、視線を感じて目をあげた。

そこには、勝ち誇ったような木下の顔があった。

「ちっちゃ」と言われた言葉が、俺の頭にガンガンと響く。

「うっわ、真奈美ちゃん、すごっ…」

「やだぁ。

あんなにおっきなの、しゃぶってるんだ」

「舐めるねー、あの子。

凄いじゃん」

「真奈美ちゃん、淫乱おしゃぶり姫みたいだな」

次々と、放出を終えたペアがサンルームに集まり、口々に、真奈美の木下へのフェラを賞賛する。

木下が、自分の両手を障子に突き刺した。

そして、真奈美の顔を自分の股間に引き寄せる。

亀頭しゃぶりはもうそのくらいで、もっと深く咥え込んでくれ、という意志表示らしかった。

真奈美の唇が、再び、木下の長大な怒張を飲み込める限りスロートする。

「うぉー、真奈美ちゃん!いくねー!」

「わー、あんなに奥まで、頑張るなー」

「羨ましいぞ、木下」

囃し立てる声に俺は、 (やめろ!無理やりに真奈美の口にそんなモンを押し込むな!) 怒りらしき感情が、ようやく湧きかけたその時だった。

木下はその手を離し、ホールドアップしておどけた。

真奈美の唇は、木下の手が離れても滑らかに動いていた。

(ぶっとくて逞しいチンポが好きで、真奈美センパイは好んで自分からフェラしてるんだぜ!) 木下の顔は俺に向かい、雄弁にそう物語っていた。

「ぬぉっ!いくぜ!」

口を封じられていない木下がそう言うと、腰を突き出して、真奈美の口を求めた。

一瞬、真奈美の口の動きが止まった。

が、すぐにまた動き出し、木下のチンポを咥え込んでいく。

木下のチンポが脈打つのがわかる。

口に入りきらないほどの怒張を咥え込んでスロートする真奈美の口からは、真奈美の唾液と木下の精液がまじった、白く濁った粘液がトロトロと垂れた。

「アキラ…」

Aだった。

Aが俺の肩に手を置き、俺を見つめていた。

俺はその時ようやく、涙を流して泣いていることに気付いた。

木下がサンルームに出てきていた。

「提案!もう1回戦、しません?今度は、女の子は立ちバック体勢でお尻向けてもらいまーす。

男はチンポを突き刺して、女に挿入してもらうのを待つ!どうっすか?」

うな垂れた俺と、俺に同情するA以外、全員が賛意を示していた。

真奈美は、まだ目隠しをされたままだった。

○ェリスの女の子たちの目当ては木下の巨根の味わいのようだ。

男たちはどいつもこいつも、ハメたいということしか頭にないのだろう。

「よっしゃ!多数決で決定!」

「真奈美、いい?」

美穂が訊いていた。

真奈美は頷いた。

「それではぁ…もいちどクジ引きフォーっ!」

木下の雄叫びが、愉快そうに響いた。

俺の相手は、またも美穂だった。

今度も一番先に果てた俺は、夢遊病者のようにしてサンルームに辿り着く。

そこには同じ光景があった。

同じ以上の、真奈美の媚態が繰り広げられていた。

一番手前に、真奈美は立ったまま後ろから、木下に貫かれ、快楽に揺さぶられていた。

「あぁっ!あん!あぁぁ…すごい、すご…あうぅ、もう、もう…あぁ、はぁぁ…」

木下のチンポに悶える真奈美の悦びの声が、別世界の出来事か悪夢のように、俺の耳に遠く聞こえた。

真奈美は、白いお尻を障子に密着させ、木下のチンポを、より深く秘肉の奥へ欲しがっている。

呼応するように木下は、またも両手を障子の向こうへと突き破り、真奈美のその尻を押さえ、猛り狂ったように太く逞しい怒張を出し入れする。

「真奈美ちゃん、また木下となのかよ」

「ねぇ見て!すごっいよ!ちんちんズブって入ってる」

「すごーい!ほらほら、腿まであんなに濡らして…」

「真奈美ちゃんのアヘ顔、そそるな~」

ハメ終えた奴らの素直な感想が、一言ごとに、ひと突き、ひと刺し、俺の心臓をえぐっていく。

「真奈美センパイ、手!手ぇ、こっちによこして」

木下が言うと、真奈美は従順に手を後ろに差し出す。

木下がそれをつかんだ。

「あーーーっ!あ、あぁ…いい、すごい深い…あぁ、いいっ、すご…」

両手首を木下に握られて後ろに引かれ、全身を後ろに預けて木下を受け入れる真奈美は、背をのけぞらして喘ぎ悶えた。

「真奈美センパイ、すっげー!締め付け最高っすよ!」

もう、俺に理性はなかった。

木下を殺そう、そう思った。

「やめろっ!木下っ!」

Aが、木下の腰に体当たりしていた。

けれど、ガッチリした体躯の木下に、小柄で細身なAは余りに非力だった。

挿入したまま仁王立ちの木下はビクともせず、飛び込んでくるAへ膝蹴りをぶつけ、Aをあっけなく弾き飛ばした。

「あー、駄目だ!いくいく、出る!真奈美センパイ、出すよ!」

「あっ、あぁっ、すごっ、あぁぁ…あ、う、あぁ…」

真奈美の体内奥深くまで精液を注ぎ込むように、木下は長大なチンポの全てを真奈美の股間に埋めこみ、ドクドクと放出していた。

射精を終えた木下に手を離された真奈美は、崩れるように、四つん這いの恰好で床に落ちた。

頭をグッタリと床に下げて放心する真奈美は、自然、尻を掲げる恰好になる。

その逆さの秘肉の合わせ目は、俺たちのいるサンルームを向いていた。

真奈美の媚肉の合わせ目から、木下の放った白濁した精液が、ドロリ、ドロリと溢れ出てくる。

じわじわと溢れ出しては、ドロリと垂れ流れていた。

俺の記憶はそこまでだ。

その先はもう、覚えていない。

ゲームの3日後、俺のアパートにAが来た。

クジの順番など無視して最初から真奈美を陥れる、木下と美穂に操作された姦計だったことを、俺はそこでAから聞いた。

Aは、木下に多額の借金があったらしい。

「それをチャラにしてやる替わりに、真奈美センパイと交わらせるチャンスを作れ」

、と迫られたらしい。

Aは渋った。

「じゃ、俺と真奈美センパイを一緒に障子ゲームに参加させろ。

そうすれば後は、俺と美穂センパイで上手くやる」

と持ちかけられた。

Aが手配したのは、もともと呼ぶつもりのなかったCを除く全員への召集令状と、キャプテンを決めるアミダクジにそっと目印をつけたことだけらしい。

「アキラ、すまん。

許してくれ…」

俺の前でAは、嗚咽し、落涙していた。

俺はAを3発殴り、 「呪い殺すまで憎んで、恨む。

お前が死んでも許さない」

そう伝えた。

Aが自殺したのはその1週間後だった。

「ゴメン」

、とだけ書き置きがあったらしい。

俺がAの死を伝え聞かされたのは、通夜も葬式も済んでからのことだった。

Aが死んで、ちょうど半年になる。

真奈美は木下の部屋で同棲し、今も木下のチンポの虜でいるらしい。

美穂は、たった1度の中出しで俺の子を身ごもった。

卒業したら間もなく、俺は父親になる。

許したわけじゃない。

許せる時はこないだろう。

でもあの時、木下にぶつかっていったAの気持ちを、俺は親友のそれだと信じる。

Aはゲームを悔やんでいた。

俺も、Aへぶつけた言葉を悔やんでいる。

許せるわけじゃない。

けれど、Aはもう二度と戻ってこない。

真奈美も戻らない。

これが、Aと俺の考えた障子ゲームの全てです。


若い性欲を、勃起を障子に突き刺すことで表現した芥川賞の話を聞いたことがある。

俺とAはそれをゲームにしていた。

5対5の飲み会を、マンションの1室にてセットする。

お酒を飲んで、エッチ話でも王様ゲームでもいいが、スケベOKなノリになってきたら… 男と女、それぞれのキャプテンをアミダクジで決める。

キャプテンは全員を後ろ手に縛る。

男には猿ぐつわも噛ませる。

キャプテンは全員に番号を書いた割り箸クジを引かせ、番号を決める。

外した障子戸を2つ立て、陣地を仕切り、男女に分かれる。

立ち位置をセットしたら、男はチンポを障子に突き刺す。

女は目隠しをされて、座ってそれを待ち、差し出されたチンポを咥えてフェラする。

行為を終えた者は、他のペアの行為を観察することが出来る。

そんなゲームだ。

手を縛るのは、乱交やレイプには決してしないという、俺とAが決めた約束だからである。

飽くまで、同意に基づいたラインまでと線を引いた「ゲーム」

なのだ。

予め、「フェラチオまでならOK」

の者しか呼ばない。

けれど、そこにカップルがまじり参加すると、かなり微妙な雰囲気になりもする。

先に終え、まだ行為中の彼氏や彼女の姿を見ると、見せられた者は誰もが「嫉妬萌え」

する。

自分じゃないチンポを舐めしゃぶる姿… 自分じゃない女の口でイカされている姿… 嫉妬が2人の関係をより濃密にさせることもあれば、「寝盗られ」

ならぬ「舐め盗られ」

するカップルもある。

男が女のフェラテクにのめり込む場合もあるし、女が男の逞しいチンポの虜にされることもあった。

俺の場合は、後者だった。

「どうしても人がいねーんだよ。

な、頼む、アキラ。

真奈美ちゃんを連れて来てくれ」

「イヤだね。

俺は絶対に嫌だ。

真奈美はそんなとこに連れてけねーよ」

「俺だってさ、お前の頼み、何度も聞いてやったじゃん」

「こういう頼みはムリだって」

「わぁーった!じゃぁさ、お前と真奈美ちゃんは絶対にペアにするから!それならいいだろ。

お前が真奈美ちゃんにフェラされてるとこは誰かに見られるかもしれねーけど、お前がチンポを見られるだけで、真奈美ちゃんは無傷だ。

これで頼む!」

俺はためらった。

「うーん…でもなぁ…」

唸る。

「駐禁の身代わりで、お前の免停まぬがれたじゃん。

無実の浮気で真奈美ちゃんが別れ話切り出した時も、お前に加勢して説明してやったべ」

「うん…」

そう、俺はAには何度も助けてもらっている。

大学の1年生からずっと、悪いことも良いこともつるんできた親友だ。

「今回、ドタキャン続いちまってさ。

今回だけでいいから、俺に免じて頼む」

「……わかったよ。

連れてくよ」

「さんきゅっ!助かるぜ」

「その代わり、俺と真奈美は絶対にペアだからな」

「任せろ。

このゲームを考えたのも、主催するのも、俺とお前だぜ。

ぬかりはないさ」

「頼むな」

そして俺は、『障子ゲーム』へ真奈美を連れて行くことになった。

いつもの会場(日借りのパーティー用マンションの1室だ)へ着く前に、その階下のコンビニで俺たちとAは待ち合わせた。

「Aさん、こんばんは♪」

真奈美とAとは当然、知り合いだ。

「真奈美ちゃん、ゴメンね。

今日は無理なお願いしちゃって。

恩に着るよ」

「でも、アキラとペアにさせてくれるんでしょ。

なら問題ないよ。

ちょっとね、他の人のそういうとこ見て、刺激味わおうかなって(笑)それより、今日の協力と引き換えに、もうアキラは誘わないって約束してね」

真奈美と付き合って以来、もう1年、Aと2人で考えたこの会にも、俺は参加していなかった。

真奈美が一途な女の子で、俺の浮気を心配しているからだ。

けれど、それをあまり見せずに、 「マンネリ打破(笑)」

なんてとぼけるところが真奈美らしく、俺には愛おしい。

ふいに根拠のない不安がよぎり、俺はAにそっと耳打ちした。

「ところで、今日のメンツって誰?」

「あれ、言ってなかったっけか。

男はサークルのヤツばっかり。

BにCにD、あとお前と俺。

女の子たちはな、○ェリスよ○ェリス。

○ェリスが3人。

真奈美ちゃんと、もう1人はサークルの美穂な。

美穂もドタキャンの割り食ったクチで参加だから。

でも○ェリスの女にも全員に、お前と真奈美ちゃんは必ずペアにすることは、伝えてあっから」

「わかった」

そのメンツなら、大丈夫だ。

サークルの仲間は、俺と真奈美が付き合っていることを知ってる奴ばかりだ。

無理を強いるような奴はいない。

俺はようやく安心できた。

マンションの部屋へ入ると、もう顔ぶれが揃っていた。

真奈美は○ェリスの女の子たちに美穂から紹介され、俺も女の子たちに軽く挨拶する。

昔なら、今日はこの中の誰がしゃぶってくれるのか、その後持ち帰れそうなコはいるか、と品定めしたところだが、今はもうすっかり落ち着いたものだ。

誰よりも、掛け値なしに、真奈美が一番可愛いと思ってみていると真奈美と目が合い、俺たちはアイコンタクトをかわす。

「大丈夫か?」

「うん、平気だよ♪^^v」

などと至近距離で携帯メールまでかわし、俺は随分とリラックスしていた。

「あれ?Cどした?」

「まだなんだよ」

「タコ野郎だな、相変わらず。

まぁいいや、飲み始めてようか」

「そだな。

そうしよ」

「じゃ、今日はどうも、この『障子会』にお集まり頂き、ありがとうございまっす!今日の趣旨はみなさん、先刻ご承知、了承のもとですから、ゲーム開始まで、話して知り合って打ち解けて、最後にお楽しみタイム、と参りましょう。

乾杯!」

「かんぱーい!」

飲み会は進み、俺も真奈美も適当に話しを合わせながら、Cの到着を待つこと、30分ほどが経過していた。

「A先輩!不肖、木下慎平!C先輩の代打でやってきましたぁ!お邪魔しまーす」

とやってきたのは、サークルの後輩である木下だった。

俺はAに近寄って言った。

「おい、木下なんて聞いてねーぞ」

「いや、俺だって…」

というAとの会話が、 「わ、カッコいい♪いいじゃん、いいじゃん!これで5-5揃ったね」

という○ェリスの女子どもの声に遮られる。

「どーもー、木下でっす。

よろしこ、よろしこ、よろしこ…」

と木下は、次々に女の子たちと乾杯し、一気にグラスを空けていく。

「お、美穂センパイも乾杯っ!真奈美センパイもいるじゃないっすか!かんぱーい、フォーっ♪」

と真奈美にも強引に一気飲みを強要し、その眼前でHGばりに腰を振る。

(おいっ、てめぇ木下!) 俺ははらわたが煮えくり返る思いだったが、もはや木下の参戦は決定だった。

俺と真奈美、そしてAや美穂のサークル仲間は大学の4年生。

もう就職が決まっている。

木下は2年生だ。

なぜ俺が木下を嫌うかというと、コイツはサークルに入部当初から、真奈美にちょっかいを出してきたからである。

幸い、真奈美は貞操の固い一途なコだから、木下の誘いがどうこうということは決してなかったが、真奈美を大事に思う俺は、ヤキモチやら怒気やらで、気が気でない時期を過ごしてもきた。

もっとも、今の真奈美と俺には、1年かけて築いてきた強い愛情と絆がある。

けれど、よりによってなぜこの夜にコイツが来たのかと、俺は嫌な感じを覚えた。

そして、運命のゲーム開始時間が訪れた。

「さ、まずはキャプテン決めのアミダクジをします」

主催であるAの声だ。

男と女にわかれ、アミダクジ選びが始まる。

俺はAに、木下はタネ明かしを知っているのかと確認した。

俺と真奈美はペアになる、という不文律のことだ。

答えは否である。

木下はCからそれを聞いて参加しているのだろうか? 俺は俄かに不安と焦燥に駆られた。

果たして、アミダクジの結果が出た。

男のキャプテンは木下だった。

木下が嬉々として、早々に俺たちを後ろ手にしばる。

猿ぐつわも噛まされた。

もう身動きは取れない。

俺は声も出せないのだ。

俺は顔面が蒼白になる。

最悪だった。

「女子のキャプテンは誰ですかーっ?」

木下が見回すと、「はーい」

と美穂が手をあげた。

(ラッキー!救われた!) 美穂は俺たちの事情を知っている。

○ェリスの子がキャプテンであるなら心もとないが、美穂なら木下をコントロールできるだろう。

(助かったぁ) 俺は命拾いをした。

女の子も、美穂により全員が後ろ手に縛られ、俺たちは番号クジを引かされた。

後ろ手で引くから、当然、俺たちは番号がわからない。

知るのはキャプテンたちだけだ。

そして、キャプテン同士は番号を確認する。

同じ番号同士が、今夜のフェラチオメイトとなるのだ。

その番号を確認できる楽しみが、キャプテンの特権である。

俺は真奈美に向かって、(心配するな)との目線を送った。

真奈美は軽く頷く。

大丈夫、真奈美にも余裕がある。

次に美穂を、強く念力を込めて俺は見つめた。

(頼むぞ、美穂) 美穂は笑みを返してくれた。

オッケーだ。

会場へと、部屋を移動する。

俺と真奈美は、障子の仕切りのこちらとあちらに別れた。

俺の心臓が高鳴った。

ここで、少しだけ部屋の配置を紹介する。

障子戸の仕切りを立てるのは8畳の洋室である。

洋室はサンルームになったベランダへ繋がっている。

サンルームへの出入り口を縦半分に等分する形で、障子戸は固定されている。

その障子戸により、8畳間も2つに仕切られるのだ。

サンルームへの出入り口であるガラス戸は開放しておく。

ちなみに、部屋の電気は消され、8畳間は暗密室になる。

サンルームの床には、懐中電灯を2つ、電話帳に載せて上向き加減にして、仕切られたそれぞれの側のみを照らすように置く。

これで、暗闇の中でもキャプテンは、順番と立ち位置をセッティングすることが可能になる。

けれど、障子の向こうの姿は影絵にもならず、全く不明なままなのだ。

ゲームは、男が放出してフェラを終えたペアからサンルームへと出てよいことになっている。

8畳間には壁づたいに紐を渡してあるので、目隠しされた女の子も、後ろ手にそろそろと、それを伝って出ることは簡単だ。

女の子の目隠しは、男が後ろ手でどうにか外してやる。

サンルームからは、懐中電灯で照らされた残りのペアのフェラチオ行為が拝める、というわけだった。

「始めたいと思いまっすフォーッ!」

木下のアホみたいな声が、俺を無性に苛立たせる。

(イカレポンチめ。

調子に乗るんじゃねぇ。

後輩のくせに、なんて図々しいヤツなん…あっ!) 電気が消えた。

暗闇だった。

何も見えない。

「電気、消しましたフォーっ!」

木下が懐中電灯をつけ、ベランダに出る。

「美穂センパイ、どうっすか?うん、オッケー!ではでは」

俺たちの側を照らす懐中電灯の光が、ひと筋の光線となり照らす。

目を凝らしてみたが、障子の先は真っ暗闇だ。

何も見えない。

見えるわけがないのだ。

俺は木下に誘導され、自分の立ち位置を知らされた。

4番目だ。

「こっち、目隠しするよー」

美穂の声だった。

真奈美も今、目隠しをされて座り位置を示されているのだ。

(頼むぞ、美穂。

4番目だ…真奈美、4番目であってくれよ…) 男のチンポを剥き出すのは、キャプテンの役目だった。

木下が1人ずつ、ジーンズやチノパン、そしてトランクスを下ろし、俺たちのチンポを晒していく。

木下が、俺のズボンと下着を下ろした。


駅の近くで待っていると風俗嬢が慌ててやってきた。

無言のままタクシーに乗って、違うエリアに移動した。

タクシーの中でまず自慢の巨乳を揉みまくったが、もう文句も何も言わない。

調子に乗ってミニスカートの中に手を入れたが、運ちゃんがミラーで見てたのでヤメた(笑) 風俗嬢はさっきまでの威勢も無く、ただ黙って下を向いて頂けでした。

泊まる予定だったのでコンビニに寄って、飲み物とツマミを購入。

ラブホで宿泊を選んだ俺に「泊まるの?」

と焦ってたけど、俺は「当たり前だろ」

と一蹴。

つーかこの時間は泊まりしかねーんだよ!とダルそうに言ってやった。

まずは部屋に入って無理やり乾杯した。

「別に俺はお前を脅してるわけじゃないんだけど」

「・・・・・」

「この方がお前も気が済むだろ?」

「・・・・・うん・・・」

呑み終わって洋服を脱がせてもらい、一緒にシャワーを浴びた。

「店のサービスみたいに体洗ってよ」

「分かった・・・・」

さすが風俗嬢。

諦めたかと思ったら、普通に店と同じ振る舞いを始めてきた。

顔は不貞腐れてたけど、洗ったりシャワーを当ててきたりするのは馴れたもん。

俺には最悪な接客してたくせに、指名とかしてくれる客にはちゃんとやるんだろうね。

痛いと言ってた乳首を摘まんだり、巨乳を揉みまくりながら体を洗ってもらった。

「じゃとりあえずしゃぶって」

もう無言でそのまましゃがんで、あんなに嫌がってたフェラチオを開始。

舌でペロペロ舐めて・・・なんてフェラじゃなくて、いきなり最高潮の激しいフェラ。

「お前ナメてんだろ?まずは舌で丁寧に舐めるのが普通だろーが」

上目遣いで不貞腐れた顔をしていたが、決心したらしく丁寧に舐め始めた。

これがまた何とも言えない気持ち良さだった。

征服感たっぷりだったんだろうね。

思わず頭を掴んで軽いイラマチオまでしちゃったし。

それには頭を振って嫌がってたけど関係無い。

昂ぶる感情のせいか、思ってた以上にギンギンになってた。

バキュームを始めた頃には、このままじゃイカされると思ったほど興奮してた。

だからひとまず中断させて、今度は風俗嬢を縁に座らせて大股開きをさせた。

お手入れしてるらしく、薄ら生えた陰毛は綺麗に揃ってた。

「綺麗にするから自分で広げろよ」

まるでAVのようなスタイルで、風俗嬢は自らオマンコを左右に広げた。

そこにシャワーをダイレクトに当てたら、「んぅんっ」

と脚を閉じそうになる。

閉じるなよと命令しながらクリトリスに当たる様シャワーを噴射し続けた。

ダメっ!ダメっ!と腰を震わせながら悶える姿には興奮した。

このままイカれても面白くないからシャワーを止め、舐めた人差し指を膣内に挿入。

クチョクチョ音が鳴るほど濡れまくりのオマンコを、ゆっくりゆっくり刺激していった。

指が2本に増えた頃には完全に喘ぎ声を出すほどになっていた。

腕も疲れるしと思った俺は、シャワーをクリトリスに当て膣内を指で刺激しまくった。

最後は呆気なかった。

俺の肩にしがみ付いてきて、「んんんっっっ」

と唸るような声を出しながら昇天。

昇天している間も激しく動かしてたら「もう許してっ!!」

とか言われちゃったしw ベッドに行ってからはまずはフェラチオ。

もう普通にしゃぶってくれてて気持ち良かった。

時々チラチラと上目遣いで見てくる顔は、生意気なんだけど凌辱されてる感ありあり。

「アタシのオマンコにオチンチン挿れて下さい」

命令して俺の目を見て言わせたよw 声が小さかったから3回もねww 膣内が空洞になるタイプみたいで、挿れてる時はあんまり気持ち良くなかった。

だけど揺れる巨乳と凌辱されてる感たっぷりの表情だけで十分だった。

別にコイツを気持ち良くさせるつもりもなかったので、好きなように腰を振りまくった。

バックでケツをパンパン引っ叩きながら、アナルが見えるよう左右に開いたりして。

ラストスパートの正常位で腰を振りまくってたら、案外興奮してたみたい。

命令もしてないのに、キスしたら積極的に舌絡めてきてたし。

ちゃんとゴム内に射精して、後はお決まりのお掃除フェラ。

さすがに嫌な顔をしてたけど、バッチリ丁寧にしゃぶってもらった。

まぁーー最高でしたw しばらくグッタリしてたかと思ったら、突然無言で立ち上がって風呂場に消えていった風俗嬢。

別にイイやと放置していると、出てきて服を着出したから笑えた。

「まだ満足してないんですけど?」

笑いながらそう言ってやったが、元の生意気な顔になって「はぁ?」

とか言われる俺。

「ラブホでお前が帰ったら俺も帰らなきゃいけないだろ?アホか」

「もう十分でしょ!帰らせてよ!」

「あ?帰る?そっかぁーじゃーしょうがねぇーなぁ・・・」

「お願いだからヤメてよ、もう・・・」

「別に無理強いはさせないよ?やっぱり自主的じゃないと楽しくないし」

ほぼ着替え終ってた風俗嬢を椅子の前にしゃがませ、洗って無いままのチンコをまた舐めてもらった。

洋服の上から巨乳を揉みまくり、途中で煙草を吸ったりしながらのフェラチオ。

イカせたら終わりと勘違いしたのか、またもや激しくしゃぶり出しやがった風俗嬢。

思い通りにはいかせるか!って事で、ベッドに押し倒してパンツだけ脱がせた。

ゴムを付けて「お前が挿れて腰振れよ」

と命令。

濡れてないかなって思ったけど、触ってみたらベチョベチョだからウケた。

あんな生意気な態度のくせに、フェラチオだけで濡らしてる可愛い風俗嬢。

「俺をイカせたらもう帰ろうぜ?」

この言葉を聞いてヤル気になったらしく、それはもう楽し過ぎる騎乗位だった。

洋服は着たままだったから、ミニスカートをたくし上げての腰振り。

やればできんじゃん!という前後左右に振るグラインド。

動けば動くほど子宮に亀頭が痛いほど当たるもんだから、途中から気持ち良かったんだと思う。

生意気な表情はまた消え失せて、目を閉じて声を出さないように我慢する表情に萌えた。

ヤンキー座りのような体勢にさせて乳首を舐めさせ、舌を突き出すとしゃぶってくれる。

舌をしゃぶらせながら下から突きまくって、疲れたら風俗嬢に腰を振らせてた。

最後は口内射精にしようと決めてたから、イキそうになった頃に正常位へ。

「口に出すからな!出してって言ってみ?」

「お口に出してっ」

言えよ・言わないの繰り返しだったが、最後は素直にそう言ってくれた。

しゃぶりつかないと洋服とか顔に精子付くぞ? そう言いながら限界まで腰を振って、ゴムを取って顔に近付けた途端しゃぶりついてくる風俗嬢。

この積極性が堪りませんでした。

激しくしゃぶり上げる口の中に、精子をドクドクと放出してやった。

出てる最中にも頭を掴んで腰を振り、苦しくなって飲ませるよう画策。

予想通りゲホゲホなりつつ、精子を半分以上飲んだみたい。

チンコを口から抜いたら横にブワッと吐き出してたしw お掃除フェラも丁寧にさせて、一緒にまたシャワーを浴びた。

このアホ女、最後の最後にも笑わせてくれた。

電車なんてとっくにない時間だったから、大通りに向かって歩いてたんですよ。

別に一緒に帰るつもりもなかったから、「先にタクシー乗ってイイよ」

と言ったんです。

「あっ・・うん・・・あ・・」

みたいな変な態度だったから、何だ?と思いながら歩いてました。

コンビニのある大通りまで来た時、突然言われた一言が「お金貸して下さい」

だぜw 今日は男にゴチってもらう予定で、お金なんて数千円しか持って来なかったらしい。

コンビニでおろせば?と冷ややかに言ったら、カードも持ってきてないとか言う始末。

ここで素直に貸したら、普通に持ち逃げされそうな予感がしてた。

だからメールをさせたんだよね。

俺からお金を借りますって。

返さない時は自分が風俗嬢だという秘密を、みんなにバラして下さい・・みたいなメール。

「これお前の友達に見せちゃうからね?」

もう笑いが止まりませんでした。

1万円貸してやってそのまま見送った俺。

また会わなきゃいけないようなので、また楽しませてもらおうと思ってます。

彼女にしたら良い人生経験でしょw これで真面目に可愛く仕事をしたら、もっと売れっ子になれるのにねww


3週間前、久し振りに風俗へ行った。

馴染みだった店が看板を変えてリニューアルしたってメールが届いてて、1週間禁欲して出向いちゃったんです。

行ってみると女の子達の大半は同じ子らしい。

平日の夕方だったから空いてて、すぐに案内できる子が5人いた。

3人は顔を手で隠したりしてたんだが、その中にひときわ目立つ女の子を発見。

「この子人気あるんですよぉ~」

というスタッフの言葉を聞きながら、3サイズとかを聞いた。

痩せてるけど肉感もバッチリあるEカップの現役女子大生です・・なんて言われたら溜まりません。

その子を指名して言われたビジネスホテルで待機してた。

現れた女の子を見て思わず心の中でガッツポーズ。

手で隠されていた顔はマジで綺麗系で、こんな子と遊べるなんて最高じゃん!とテンションも上がりまくり。

でもそのテンションも初めだけで、すぐに地雷だと分かりました。

まず店に電話してからベッドに腰掛け煙草を吸い出す。

世間話を俺に振り始め、45分しかないのに始めようとする素振りが無い。

言っておくが俺はそこまで風俗嬢に嫌われた経験はないよw

別にカッコイイわけじゃないけど、嫌われるような感じでも無いと思う。

10分ぐらい喋ってて、終いには「普段はお客さんがジュースくれる」

とか「指名してくれる人はゆっくり焦らない」

とかまで言い出す始末。

だから何?って思いながら俺は勝手に服を脱ぎ始めた。

「キスは好きじゃない」

「指入れられると痛いだけ」

「寝不足で疲れてる」

などなど。

これは早く終わりにした方がイイと思って、俺から誘ってシャワーを浴びました。

これがまた最悪で、俺の体は洗わないし、自分のオマンコだけをチョロチョロしか洗わない。

なんつ~ヤツだ!と思いながらも勃起している俺は、手を掴んで触らせると仕方なく手コキ開始。

ベッドに行ってからはもっと酷くて、フェラは軽く咥えるだけのヤル気なし。

俺が胸を触ろうとすると「乳首痛いから」

と拒否。

ローションを垂らされて力強い手コキが始まり、騎乗位素股が始まったと思ったら、ただ上に跨っての手コキ。

高速で強く握っての手コキだったから、不覚にも数分で撃沈した俺。

さっさとシャワー浴びて着替えると、今度は「指名してくれたら・・・」

みたいな話をし出した。

ムカついたので「こんなサービスしかできないヤツを指名するかよ」

と一喝。

顔が引きつってたけど、ホテルを出てから店に電話して苦情を言った。

まぁ~そんな事をしても意味が無いのは分かってたけど、何もしないで帰れなかっただけ。

久し振りに行った風俗で最悪だったよ~と友達と呑みながらのネタにしてたんだが、これが素晴らしい機会になるとは思ってもいなかった。

風俗に行ってから3週間ぐらい経過した一昨日の土曜日、友達がやってくれた合コンに行ってきた。

仕事で1時間ぐらい遅れて行ったんだけど、個室に入って女の子を見た瞬間時間が止まりました。

真ん中の席にあの地雷風俗嬢が座ってて、俺を見て硬直してる。

思わず俺も固まっちゃってて、一瞬頭の中が真っ白になった。

冷静を装いながら席に座って呑み始めたけど、俺も風俗嬢もすげぇ~意識してたと思う。

「どうした?緊張してんの?久し振りの女子大生で」

と友達にカラかわれるほど、何も喋れない状況だった。

どうにもこうにも・・・と思ってトイレに立った俺を、あの風俗嬢が追いかけてきた。

「ちょっとあっちに来てっ」

「えっ?何で?」

「イイから早くっ!!」

そう言われて連れて行かれたのは入口の横にあった階段。

友達が出てきても死角になる場所で、新しいお客が来ない限りひと気の無い場所。

「お願いだからお店の事言わないでね」

「あぁ~風俗の事?」

「当たり前でしょ、それ以外何があると思ってんの」

「あぁ・・・」

「絶対友達に言わないでよね!」

「あぁ~分かってるよ」

呆気にとられていたっていうか、ちょっとパニくってたんだと思う。

一方的に上から目線で言われて、風俗嬢はさっさと戻っていった。

いなくなって冷静になってくると、当たり前だが無性にイライラし始めた。

なんだ?あの態度は。

なんで俺があんな言われ方されなきゃいけなんだ?アイツ勘違いしてんだろ! 怒りがフツフツと湧き始め、どうにもおさえる事が出来ない状態。

もうこうなったら泣きっ面見てやる・・・怒りを抑えながら部屋に戻りました。

風俗嬢は俺をチラっと見て、すぐにツン!とシカトしてる感じ。

呑み始めてしばらくしてから、考えていた話を話題にしてみた。

「そ~いえば最近の大学生とかってキャバ嬢とか風俗嬢とか多いんでしょ?」

女の子達はこの言葉に隠された意図を知らないから、普通に答えてくれてた。

「えぇーそうなの?周りにはいないけど」

「でも○○ちゃんてキャバ嬢やってたじゃん」

「あっ!そうだね!でも風俗はないよね」

「マジあり得ないでしょ」

そんな話をしている友達の横で、焦りまくりの顔をする風俗嬢。

その表情を見ていると思わず笑いが込み上げて来そうだった。

ぎこちなく周りにあわせてたけど、焦りまくりなのは見ててスグ分かったしね。

「でもさぁ~キャバ嬢なら言うかもしれないけど、風俗嬢は言えなくない?」

「言えないよねぇー!円光とかも言えないじゃん」

「円光も風俗も似たようなもんだな」

「いても分からないよね。

でもできる子って凄く無い?知らない人のアレ舐めちゃうんだから」

「アタシむりー!絶対無理!オヤジのアレなんてぞっとする」

盛り上がれば盛り上がるほど焦りまくりの風俗嬢。

なんどか会話をそらそうとしてたけど、すかさず俺が修正するから風俗話が続いてた。

業を煮やした風俗嬢が席を立ったので、俺もトイレに行くフリをして部屋を出た。

そしたらさっき呼ばれた場所の近くに立ってる風俗嬢がいて、俺をジッと見てるわけです(笑) フラフラ近付いていくとすげー剣幕で怒ってきた。

「なんであんな話するのよ!最悪じゃん!」

「あぁ?俺が悪い事したのか?」

「言わないって約束したでしょ!」

「だから何も言ってねーだろ?つーかお前態度デカくね?」

「デカくねーよ!ふざけんなよ」

「ふざけてんのはお前だろ?自分の状況分かってんのか?」

「・・・・」

「オヤジのチンコしゃぶって金もらってんのはお前だろ?」

「何言ってんだよテメー」

「てめぇ?お前ホント頭が痛いヤツだな。

もうイイよ」

「ちょっと待てよ!もうイイってなんだよ!」

「待てよじゃねーだろ?待ってくださいだろ?」

「・・・」

黙ってる風俗嬢を見て心の中で大満足の俺。

そのまま部屋に戻ろうとしたらいきなり腕を掴まれた。

「分かったから・・言わないで・・・下さい・・・」

「今さらおせーんだよ。

俺のチンコしゃぶった話でもするか?」

「ゴメンなさい・・・言わないで下さい・・・」

「じゃ言わないなら何してくれるんだ?ここでしゃぶるか?」

「そんなのできるわけないじゃん!」

「だろ?じゃ~イイよ、楽しく話そうぜ?」

「ここでじゃ無理だから!お願い!!ねっ?お願いだから・・・」

「この後ホテルにでも行くか?なら考えてやってもイイぞ」

「・・・・・分かったから・・・・言わないでよね・・・・」

その後の呑みはヒヤヒヤだったと思う。

時々俺が風俗ネタを織り交ぜるもんだから、その都度表情が固まってたし。

俺は中でも1番可愛くない子とメアド交換をした。

何かあった時の保険になるかなって思ったから。

俺が交換しようとしたら風俗嬢が邪魔したりしてたのは笑えたなぁ。

飲み屋を出てみんながカラオケに行くとか言うので、俺は仕事があるから先に帰ると伝えた。

風俗嬢も「じゃアタシも帰るよ」

と言い出したが、俺はさっさと歩いて駅に向かった。

このページのトップヘ