溢れるエロエロ日記

風俗体験記「溢れるエロエロ日記」をご覧の皆様、はじめまして。 このブログでは風俗だけではなくエロい体験談の投稿を掲載していきます。 末永く、ご愛読いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

タグ:アクメ


高層ビルの一角にある高級割烹料亭で調理人やってた頃、隣の隣に岩盤エステ併設のマッサージ屋さんがあって、そこの美人な女性オーナー(奥さま)と一発セックスしちゃいました。

奥さんは普段無口な30代前半。

挨拶しても愛想笑いすらしない人。

でも、あるきっかけからイイ仲になって話すようになっていった・・・ 夜の仕込みの為の材料を買い出しに高級素材の置いてある某スーパー行くと奥さんがいて、挨拶したらその日はとても愛想良く応えてくれたんだ。

で、向こうから色々話し掛けてきて、この人案外エロな淫乱話しが好きだなーと思った。

話しながら買い物して、帰りもずっと話してた。

それから会う度に話すようになって、家庭の事情とか色々話すようになってた。

奥さん曰く、俺が聞き上手で話しやすいらしい。

最初は怖い人かと思ったけど、話すと全然そんなことなくて優しいと言ってくれた。

どうも、自分に問題があったらしいwで、それから2年ぐらいはそのままの関係だったんだけど。

ある日、仕事も終わり帰ろうとしてると、自分の車を停めている前の階段に奥さんがいた。

よく見たら泣いていた。

心配になったので聞いてみると、「旦那の小言とか、子供に対する八つ当たりが酷くて耐えられない」

って言ってた。

俺は為す術もなくただ黙って聞いていた。

そして突然、俺の胸に飛び込んで大泣きしだした。

俺は見られたらやばいと思って、「どこか行きましょうか?」

って言ったら、奥さんが頷いた。

結局、車で20分くらいの喫茶店に行って食事しながら色々愚痴を聞かされた。

女って全て話すとスッキリするのか、散々しゃべり終わったらケロッとしてた。

まあいいかって思って、「そろそろ帰りましょうか」

って言ったら、「ちょっとドライブしたい」

って奥さんが言ったので、国道を適当に走ることにした。

車運転して暫くすると・・・。

「◯◯君って横顔格好いいわね」

奥さんにそう言われて、俺は照れて「そうですか?」

って答えたら、「絶対格好いい」

って言われて俺は舞い上がった。

「実は俺も奥さんのこと好きだったんですよ」

って言ったら、「えーー」

って照れ笑いしてた。

奥さんが勢いで「◯◯君としたーい」

って言ったので、俺はキターと思った。

「はいー!」

って言って、ホテルを探し、数分後にちょっと寂れたホテルを見つけた。

「ここでいいっですか?」

って聞いたら、奥さんは頷いた。

で、ホテル入って、俺が先にシャワーを浴びた。

シャワー終わって奥さんに「どうぞー」

って言ったら、奥さんはにかんで「うん」

って言ってバスルームに行った。

俺は頭の中で、どんな風に攻めようかとそればっかり考えてた。

奥さんがシャワー終わって、出てきたらバスタオルで体を覆ってた。

俺が「こっちおいでよ」

って言ったら奥さんが素直に応じて、俺の横に座った。

やっぱり色々辛い目にあってるから優しくするのがベストと思って、俺は随分と丁寧に奥さんを扱った。

キスも優しく、ネットリと長い時間かけてした。

それから首筋から胸にかけて舌を這わせた。

乳首を丁寧にゆっくりとネットリと舐め転がし、指は秘部をゆっくりと擦ってた。

もう乳は良いだろうと思って、今度はおまんこを舐めることにした。

石鹸の匂いと、おまんこの匂いが混ざって何とも言えない感覚である。

ここでもひたすら優しく丁寧におまんこを舐める。

やっぱり人妻は最高だ。

そこらへんの20代の女とは一味違う。

男に対してとても優しいのである。

特に年下に優しい。

俺も我慢の限界だった。

生で挿入した。

中出ししない自信もあった。

挿入したら思ったより締まりが良かったのでビビった。

こりゃ最初から腰を激しく振ると直ぐイクと思ったので、ゆっくりと腰を動かし、動かしてる最中もちんこに集中しないよう努めた。

余談だが、当時俺は彼女がいたわけだが、この奥さんとのセックス以来、俺は彼女とのセックスが苦痛で仕方なかった。

結局彼女とはその後数回やっただけで別れた。

それほど奥さんとの相性は良かったのである。

しかも当時の彼女はあんまり綺麗でなく、奥さんは歳は結構いってるが美人でスタイルも良かったので、男だったら大多数の人は奥さんを選ぶだろうって感じだ。

話は戻る。

イカないようにイカないように腰を動かし、なんとかプレイし続けた。

バックでやってたら、あまりの気持ちよさにイキそうになったので、ちんこ引っこ抜いて絨毯の上に精子をぶちまけた。

奥さんもハアハア言いながら顔は満足そうだった。

初めて奥さんとやって以来、頻繁には出来なかったが月に3、4回は密会してた。

奥さんの体は子供2人産んだとは思えないほど綺麗だった。

当時40前だった。

腰が引き締まって、お尻が適度に大きくて、色白でショートカットの美人で申し分なかった。

俺の人生のピークはその当時だったのではないか、と思えるほど毎日が充実してた。

奥さんは旦那とはレスで欲求が溜まってたんだろうし、しかも暴力夫だし、優しさに飢えていたと思う。

そこにちょうど俺が居たからあんな関係になったんだろう。

運が良かった。

俺は奥さんの期待に応えるべく、心から愛し、大切に扱った。

奥さんの要求に全部応え、尽くし続けた。

それが俺の喜びだった。

俺は店から3駅ほど離れた賃貸マンションに住んでいて、密会するには安全な場所だったと思う。

奥さんの旦那は車持ってなかったし、奥さんは旦那に色々口実作って外出してた。

俺が休みの日に奥さんがバスに乗って俺のマンションに来てくれる。

大体奥さんが来るときは朝10時頃で、来たら必ず朝飯作ってくれた。

美味しくて、「美味い美味い」

って言うと、抱きついて喜んでた。

お返しにキスしてやった。

飯食い終わって、奥さんに「こっちおいでよ」

って言うと、奥さんが俺に寝そべってくる。

そして、そのままキスして、胸を揉んで、優しく愛撫してあげるとお互い気持ちは最高潮に達する。

ベッドまで奥さんを抱えて運ぶ。

奥さんの服を丁寧に脱がし、俺もさっさと服を脱ぐ。

色白で本当に綺麗な体をしていた。

全身全て舐めると自分のものになったような気がした。

色々な体位で攻めた。

激しくするのは性に合ってなくて、優しく優しくするのが信条だ。

そのやり方がたまたま奥さんと相性が良かったんだろう。

終わった後もずっと抱き締めて、キスしたり、色々囁くと奥さんは満足気だった。

俺が休みの日しか出来なかったので、やるときは思いっきり時間を費やして、思う存分やった。


由紀子と言います。

主人が飲み会から帰ったのは、、、たぶん12時過ぎ、、、。

私は11時くらいにはベッドに入ってました。

そしたら主人が帰ってきて…。

「由紀、寝てる?」

「、、、(うとうと)」

そう言いながら、ベッドに入ってきて私の体を触りだしたんです。

私は主人が触りだしてるのが解っていたのですが、 知らない振りしてそのまま寝ていたんです。

主人は胸を触ったり、、、そのうちめくり上げて胸を吸ったりしてきたんです。

「もぉー、あなた酔ってるんだから、今日は嫌よぉー」

って 言ったけど全然止めてくれないんです。

「今日は、大人しく寝てね。

もう遅いし」

「二次会も行かずに帰って来たのに、、、僕は大丈夫、、、由紀も、濡れてるぞ」

とか言いながらあそこを触りだしたんです。

「ほんとに眠いから、、、だってあなた酔ってるでしょ?」

「今日は自分でした?」

「ん?、、、してない」

「いや、してる、、、絶対してる」

「してない」

「ほんと? ほんとにしてない?」

「うん」

「したくない?」

「今日はあなたが……、だから寝ましょ? ね?」

「じゃ、由紀は寝て。

僕だけ由紀を触りながら寝るから」

「そんなんじゃ、私も寝れないでしょ?!」

「じゃ、寝なくていいから」

なんか変な会話をしながら、主人が胸を吸ってきたり揉んだりするんです。

そのうち下着も脱がされてあそこを舐めだしたんです。

「あなた、ほんとにやめてよ。

気持ちよくなってきたけど、、、明日も早いんでしょ? だから止めよ」

「大丈夫」

そう言いながら口であそこを、両手で胸をずっと刺激してくれるんです。

私はすごく気持ちよくなって眠気も飛んじゃって(微笑) 主人にされるがままになっていました。

「ほんとに一人でしなかった?」

「寝る前にちょっとだけ」

「やっぱり、、、じゃ、胸は自分で触って、僕は由紀の○○○○を」

私は自分で胸や乳首を触って、主人はあそこを刺激してくれていました。

そうしているうちに私がイッちゃって、主人は満足してくれたみたいでした。

翌朝5:00くらいに隣でゴソゴソしていると思っていたら、 部屋の暖房をつけてまた私の胸やあそこを触ってるんです。

「昨日はお酒で熟睡できたから、目がスッキリ! 由紀、しよう!」

って言ってきたんです。

「えっ? 今から、、、今日も仕事でしょ? 嫌よぉ」

「男は朝も元気なの。

見て見て」

なんか子供みたい。

触ってみると、、、確かに固くなってる。

「入れるよ!」

「えっ?!」

私は濡れていたので痛くはなかったですが、あまり急に挿入されたからビックリ、、、。

  主人は私の上になって、そのまま動いてくれました。

私は寝起きの顔を見られたくなかったから、 ずっと横を向いてされるがままになっていたんです。

「由紀、こっち向いて顔みせて」

「いや、、、」

「ん?」

「寝起きだし、、、見られたくない」

「そんなの関係ないって、、、由紀のそういう顔もみてしたい」

「いやだ」

主人は動きながら私の顔を両手で挟んで正面を向かせました。

「やめて、、、顔も洗ってないし、歯も磨いてないから、、、ほんとに嫌」

「キスは?」

「いやだ」

「、、、でもしたい」

そう言って、主人はキスをしてきたんです。

私はほんとに嫌だったけど、主人がしたいって言うから。

私もそれに応えました。

そんなことをしている間に、部屋も暖かくなってきて ベッドの中でしていると暑くなってきて。

いつのまにかベッドの上でセックスしていました。

最初は凄く恥ずかしいのですが、気持ちよくなってくると裸を見られてるのに、、、。

やっぱり変なのかなぁ?? 「由紀、後ろ向いて、、、後ろからされるの好きだからな」

私は朝からしてもらってる事にちょっと戸惑ったのですが。

でも嬉しかった、、、それに気持ちよかった、、、。

後背位になってからも主人は、胸やあそことか凄く感じる所も触ってきたので すぐにイッちゃったんです。

私はいつものように声が出ないように枕に口をあててされるがままになっていました。

夜するときよりも主人が元気だったので、二度三度とイッちゃったんです。

最後は抱き合うようにしたから動いてもらって終わったんです。

そのあとしばらくベッドの上でぐったりして居たのですが 6:00を過ぎた頃朝ご飯の支度をしに起きたんです。

朝から愛し合うのも結構良いものなんだ。

と心の中で思っていた由紀子なのでした。

もちろん主人と子供が出掛けた後で、シャワーを浴びてちゃんと洗っておきました(笑)
 


付き合った人妻の旦那が社会人バスケサークルの合宿とやらで 外泊することになって女にマンションに泊まったことがある 。

人妻=26、結婚三年目、子供無し

顔は美人というわけでもなく普通だが、プロポーションはかなり良い。

化粧気があまりなく、髪は後ろで束ねてポニーテール。

服装はいつもTシャツにジーンズというカジュアル派。

ママさんバレーの中心選手のような明るく元気な奥さん 。

とても浮気するようには見えないが、恋愛好きで旦那がいても 好きな人は他に作りたいタイプ。

 旦那結構まじめな人らしくて、月~土は毎日六時にちゃんと帰ってくるし、

日曜は夫婦で出かけるのが決まりになってた 女の方も働いてたから、逢えるのは土曜。

女の仕事が終わる昼から 旦那帰ってくる夕方まで週一回四時間だけ。

そんな時に「来週の土日、旦那サークルの合宿でいないんだけど」

ってお誘い、しかも他の男呼ぶのは始めてらしい。

所謂、間男の経験なんてそれまで無かったから舞い上がったね。

楽しみで楽しみで土曜まで指折り数える感じ。

で、当日の夜、旦那が出てから車で迎えに来て貰って女のマンションへ。

でも着くと初めてなものでやっぱり緊張してくる。

結婚式の写真とか、そろいの食器とか生活観のある生々しさが いたるところに感じられて人の物に手を出してるんだっていう事を実感。

女の方も始めて他の男を家に上げた罪悪感からか何かよそよそしい。

普通にご飯食べて、寛ぎながらテレビ見て、別々に風呂に入る。

その間、キスはおろか、触れ合うことすらしない。

しばらくして「そろそろ寝る?」

「うん」って感じでベットルームに移動。

なんか新婚初夜のような緊張感。

先にベットに入ろうしたら女が 「旦那の枕なんだけどいいかな?タオルは巻いておいたけど・・・」

その言葉でスイッチが入っちゃいました 抱きしめてキス、そのままベットへ押し倒す。

あぁ、やっぱりするのね...そんな諦めの感じで女も応じてくる 。

パジャマの前を開いて形のいい乳にむしゃぶりつきながら パンツの中に指を入れ、クリを弄くっていたら どこから入ってきたか飼い猫がサイドボードに登ってきて、

じっと行為を見ている その姿に驚いていると女が 「はぁ...いつもそこで見てるから気にせんでいいよ」

露出の気はないものの、その言葉にさらに興奮。

女のパジャマとパンツを剥ぎ取り、クンニをしながら自分も服を脱ぐ。

体勢を入れ替え、女の顔にペニスを近づけるとすぐに生暖かい感触に包まれ、

旦那のいない部屋にぺちゃぺちゃと男と女の舐めあう音だけが響く。

少し気恥ずかしさもあり、お互い無言で貪りあう。

何も言わずクンニを止め、女の股間に割ってはいると怒張しきった ペニスを膣に突き刺す。

女は近所を気にしてか必死で声を抑えているようであっあっと小さく喘ぐくらい。

俺は元々締りがいいこともあるが、かなり興奮していたので、ほんの数分で ものすごい射精感に襲われる。

女の顔を見ながら「いきそう...」

というと女は無言でかすかに頷いた。

射精ぎりぎりまで女の膣を楽しみ、一気に引き抜くと大量の精子を女の腹に 撒き散らす。

精子は腹だけに留まらず、胸や顔に飛び散り、へそに水溜りを作った。

こうして他人の部屋で他人の妻とのセックスが終わった。



昨日痴漢にあいました・・・ 。

初めはマジで嫌だったけど、5分くらい触られてたらすっごく気持ちよくなってきて・・・ 。

もうアソコがびちょびちょでしたぁ・・・ 。

私がドアの隣の手すりのところにもたれかかっていたら、痴漢が(多分30後半?位の人。

ちなみに私は17です。

)体を押し付けてきたんです。

まぁソレくらいだったらいつも混んでるししょうがないかなって思ってたんです。

今日制服なんでスカートだったんです。

(丈膝半分くらいかな?) いつもはスカートの下にちゃんとスパッツとか短パンはいてるんですけど。

今日に限ってはいてなかったんです。

痴漢さんが太もも撫で回してきて、パンツの上から割れ目に沿って触ってきたんです・・・ 。

何か自分でもどんな体勢か分らなかったんですが、お尻も触られてて、お尻の割れ目もこすってきて・・・ 。

もうこの時点でアソコはぐちょぐちょでしたぁ・・・ 。

ブラウスをスカートの中に入れてなかったんで上も簡単にスルッて入れられて胸をブラから出して乳首クリクリしてくるんです・・・ 。

もうパンツの中にも手を入れられてて、クリを揉んできてて・・・ 。

もう足ガクガクだったし、声も出ちゃいそうで(ちょっと出ちゃったけど)

でも恥かしいから何もいえなかったんです (気持ちよかったし・・・ )

気持ちよすぎてポーッとしてたら乳首クリクリしてた手がおっぱいを揉んできてて、いつの間にかブラもホック外されてて、パンツも膝くらいまで下げられてて・・・ 。

今乗客が全員おりちゃって自分の格好が皆に丸見えになったら恥かしい・・・ 。

死んじゃう・・・ 。

なんて思ってたら余計に濡れちゃって・・・ 。

彼氏とエッチするときよりグチョグチョでした。

気持ちよすぎたんで足を開いちゃったんです・・・ 。

そしたら指が前と後ろから入ってきたんです!

ポーッとしてたんでよく分らなかったんですが、どうやら2人の痴漢に触られてたようです。

結局前から来た手の痴漢がアソコに指を入れてきました。

でももうその時点で私が降りる駅にもう2分もしたらつくかな?位の所で、凄く気持ちよくって惜しかったけど、体を思いっきりひねって振り切って膝まで落ちてたパンツをちょっとかがんで履こうとしたら (満員で凄くきつかったけど頑張りました!

そうしないと履けないですし) お尻の割れ目思いっきり広げられて「チャララ~ン」

って言う音が聞こえたんです。

写メ撮られちゃったみたいで・・・ 。

でもそこで駅に着いたんで急いでおりました。

パンツはグチョグチョで気持ち悪いし、でもムラムラしてたんで駅のトイレでオナニーしちゃいました。

凄く気持ちよかったです。

勿論コンビニでパンツ買いましたよ!

またあの電車の車両に乗ってみようと思います。


去年の私が52歳のゴールデンウィークの話です。

ひとり旅が好きな私は2泊3日で広島県を旅した。

1日目、尾道の古寺ルートを探索していると中年の女性が私に道をたずねて来た。

私も旅の者だと言い、私がガイドブックを見せると出来ればご一緒させていただきませんかと女性が言った。

私は別にかまわないと思い下心無しにOKし、一緒に駅に向かうルートを探索した。

夕方、駅前で別れ、駅前のビジネスホテルに戻った。

部屋に戻り、外で夕食を取ろうと思いロビーに降りると先ほどの女性がエレベーター前にいた。

お互い驚き、偶然ですねと言い、そして一緒に夕食をする事になった。

駅前の商店街を海岸側に外れたところに外見がパブ風の活魚料理店を見つけた。

何故か活魚料理店なのに、BGMはジャズが流れる粋な店である。

自己紹介をした。

彼女の名前は白石奈津子(仮名)。

北陸の福井から来ていた。

歳は43歳。

旦那はゴルフ、子供(男2人)達は友人と遊ぶという事で、この尾道に1人でやって来たという。

歳には見えない色白の中々の美人さんで、正直言って私は下心が湧いた。

瀬戸内の新鮮な魚料理と美味しい薩摩の焼酎。

店を出て、海岸を散策してホテルに帰った。

エレベーターで彼女は3Fで降りた。

私は7Fの自分の部屋に戻った。

1時間ほどして、部屋がノックされた。

ドアを開けると先ほどの奈津子さんが数本の缶ビールとつまみの入ったコンビニ袋を提げて立っていた。

「寝るには早いし、少しお話でもしようかと来ちゃった!」

と照れくさそうに言った。

先ほど下心が湧いた私です。

当然の事大歓迎をした。

先ほどとは違い、パジャマ代りなのか袖なしのワンピース姿で、部屋に入るとシャンプーのにおいが漂った。

缶ビールを飲みながら旅の話や家庭の話をした。

私はベッドの上に壁を背にしてもたれ、最後の缶ビールの栓を抜いた頃、話を徐々に下ねたに持って行った。

私はビールと下ねたで頬を赤くした奈津子さんに横に来ませんかと言った。

奈津子さんは一瞬戸惑いを見せたが、クスッと笑い私の横に座った。

私はいきなり左腕で抱き寄せ奈津子さんの目を見た。

奈津子さんは私を見つめると目を閉じた。

ながいディープキスの後、ベッドに寝かせワンピースのボタンを外した。

ノーブラのかたちのいい乳房がこぼれた。

時間を掛け乳房を愛撫。

定期的な小さな吐息が聞こえた。

ワンピースを脱がせ、パンティに手を掛けた。

奈津子さんはパンティを少し引っ張り抵抗を示したが、すぐにベッドに全裸の奈津子さんが横たわっていた。

きれいに整った陰毛が目に焼きついた。

指で奈津子さんの秘部を愛撫。

愛液が長く糸を引く大洪水。

定期的な小さな吐息が小さな喘ぎに変わっていた。

私は奈津子さんを抱き起こし、浴衣とパンツを脱ぐと寝転んだ。

奈津子さんは私のそそり立った息子を握ると口にくわえた。

舌を使い丁寧なフェラを時間を掛けしてくれた。

私は逝ってしまった。

奈津子さんは起き上がりバスルームへ行くと、温かいタオルで私の息子を拭った。

私の息子はすぐにそそり立った。

奈津子さんは「元気ね!」

と言ってまた私の横に寝転んだ。

私は起き上がり「もう、入れるよ。

そのつもりで部屋に来たんでしょ」

とたずねた。

奈津子さんは私を見つめ首を縦に振った。

私はゆっくりと正上位で挿入した。

奈津子さんは顔を横に向け両腕を私の背中に回し私を抱きしめた。

奈津子さんは私のリズムに合わせ腰を動かしていた。

数回激しく突くと何とも言えない喘ぎ声を出し両腕が空を切っていた。

大量の精液が奈津子さんのきれいな乳房に散乱した。

奈津子さんは先ほどのタオルで自分の胸と私の息子を丁寧に拭った。

次は奈津子さんを窓に手を付かせ、夜景を見ながら後ろから挿入。

突く度に頭を上に向け体を海老の様にそらし大きな喘ぎ声を上げた。

結局奈津子さんはその夜は部屋に戻らず、ふたり朝まで全裸で抱き合って過した。

次の日、ふたりで広島市に向かい宮島や原爆公園などを散策した。

お互い予約していた広島市のホテルをキャンセルして夜はラブホテルに泊まった。

奈津子さんは旦那と結婚前に行ったきりだと少しはしゃいでいた。

そう、奈津子さんは私が2人目の男性だと言った。

最後の夜だという事もあり、私たちふたりは燃えた。

外が明るくなるまで何度も愛し合った。

バスルームでのソーププレイは興奮してしまい、私は中出しをしてしまった。

奈津子さんは慌てずに私の精液をシャワーで洗い流していた。

私の記憶ではその夜は5回行ったと思う。

次の昼過ぎに携帯番号とメルアドを交換して広島駅で別れた。

今は、月に1度ほどメールで連絡を取っているが、またどこかにふたりで旅をしようと約束しています。

今の予定では今年の秋に飛騨高山辺りを考えている。

本当に夢のような棚ぼた的な話で、女性はどういう時に貞操観念が崩れるのかと考えさせられる女性でした。

このページのトップヘ