溢れるエロエロ日記

風俗体験記「溢れるエロエロ日記」をご覧の皆様、はじめまして。 このブログでは風俗だけではなくエロい体験談の投稿を掲載していきます。 末永く、ご愛読いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

タグ:即尺


私は、31歳で結婚している共働きの主婦です。

私は、飲むとHしたくなるイケナイ性癖が有ります。

最近は月末に会社のOL仲間で新宿で飲み、池袋まで帰ってきた時にイケナイ気持ちになってしまい、北口からフラフラと歩き回ってしまいました。

ホテル街の近くは売春している外人と思わしき人がいました。

その内、私も男性から、いくら?と声をかけられる様になりました。

何人目かにふざけて3万円だけど、今日は2万円でもいいけどと答えると、男の人はいいよと言ってホテルに私を連れて行きました。

結婚している私が、今出会った人といきなりホテルに行ってHしてしまうこれからの事を想像して私はドキドキししまいました。

男の人は40歳代ぐらいでした。

私は、わざと酔った振りをして、ベットの上に寝転びました。

男の人は興奮しているのか私の服を全て脱がし、自分も全裸になると身体中にキスをしてきたり、舐めたり、足を大きく開いてアソコを触ったり舐めたりやりたい放題してきました。

そして、遂に、生でおちんちんを私の中に入れて来て、激しく腰を振って私の中に精液を放出しました。

おちんちんを抜くと、アソコから精液が流れ出てきたのが感じられました。

私は、酔いつぶれて眠った振りをすると、私のアソコを指で開き、中の精液を指で掻き出しました。

そして、又、興奮したのか、再びおちんちんを入れてきました。

先程より長くいやらしく腰を動かし、又、中出ししました。

それからしばらく、私の体を撫ぜ回したり、アソコを指で広げたりしていましたが、4時間ほどで、私にお金を払わずホテルを出て行きました。

私は最後で酔いつぶれて寝た振りをしていました。

別にお金が欲しかったわけではなく、見知らぬ男に思いっきり犯されるようなHをしてもらいたかったので、私は満足でした。

ホテル代は入室する時に、泊まり料金を払っていったのでお金は取られませんでした。

私は、犯される様にHされた体をお風呂で洗いもせずに、精液が未だ入っているアソコに指を入れて思いっきりオナニーしました。

指に絡み付く様に出てきた精液を、おっぱいやお腹に擦り付ける様にして、犯された余韻に浸ってました。

そして、シャワーも浴びず、精液が身体中に付いたまま、アソコに入っているままで、下着を付け、服を着て、タクシーで家に帰りました。

主人は既に寝てました。

主人も飲んで帰ると言ってました。

主人は、お酒が入り、寝てしまった時は絶対に起きないので、私は明かりを点け、全裸になり、主人の顔の上にオシッコとする様な格好で跨り、オナニーをしました。

その様な格好のせいか、アソコから残りの精液が出て来ました。

私は、興奮して、 「あなた、私は先ほど知らない男に売春婦と間違われて、ホテルに行き、犯され、二回も中出しされました。

その精液が今も私のアソコの中に入っていて、今、出てきてます。

イヤラシイ知美を見てください」

と言いました。

すごく興奮しました。


そして、カリ首や尿道口を舌でちろちろ舐めながら、口をすぼめてフェラをしてくる。

69なんて初めてだったが、美佳のエロい姿と、濡れたアソコ、フェラの感触であっという間にイきそうになる。

俺のチンポをぎこちないながらも必死で舐めてくれる美佳・・・。

やはり、久しぶりのセックスは気持ちが高まるのだと思った。

美佳とは、結婚してからも週に2~3回はしていたので、知らず知らずのうちに新鮮さがなくなり、ルーティン化していたのだと思う。

たまに間を開けるのも、良いものなんだと実感した。

そして、そのままイってしまいそうだと思っていたら、 「なお君・・・。

もう・・・。

して・・・」

小さな声で美佳が言う。

少しイジワルな気持ちが起きて 「なにを?何してほしいの?」

そう聞くと、 「あぁぁ・・・。

なお・・・。

なおの欲しい・・・。

入れて・・・」

無性に可愛くて、もっといじめたくなる。

「何を?どこに?言わないとわからないよ」

「はぁぁん・・・。

くぅ・・・。

はぁ!なおくん・・・。

おちんちん美佳に入れてぇ・・・。

はぁぁん」

こんなエロいことを言わせることができて、有頂天になりながらゴムをつけて美佳と一つになった。

「あっ!あぁぁん入ってきたぁ・・・。

なおくん・・・。

はあっ!はあっ!あふぅ・・・。

すごい・・・。

良いよぉ!」

セックスの時に美佳がこんなに言葉を発するのは初めてだ。

久しぶりのセックスが嬉しくて仕方ないのだなと思うと、2ヶ月もほったらかしてしまったことが申し訳なくなった。

キスをしながら、激しく腰を振る。

絡みつく美佳の膣・・・。

揺れる大きな胸・・・。

可愛い顔を歪ませながら、あえぐ美佳・・・。

すると、美佳が俺の乳首を舐め始めた。

正常位でつながりながら、下から胸を舐めてくる美佳。

そのエロい姿、乳首の快感に、チンポがさらに堅くなる。

「なおくん・・・。

なお君のおっきくなってきたぁ・・・。

あぁぁ・・・。

気持ち良いよぉ・・・。

あふぅっ!はぁっ!はぁっ!すごい・・・。

あはぁっ!」

すると、美佳が俺の乳首をかんできた。

甘噛みしたり、強くかんだり、かみながら乳首の先を舐めたり、吸ったりしてくる。

こんな積極的なことも出来るんだと思い、やはり豪華なラブホテルという、いつもと違う非日常がそうさせるのかな?と思った。

そして、今なら出来ると確信して、美佳をバックの姿勢にした。

「あぁぁん・・・。

なおくん・・・。

恥ずかしいよぉ・・・。

こんな・・」

そう言いながら、四つん這いになる美佳。

挿入すると、

「がぁぁ・・・。

っ!はぁぁぁ・・・。

んっ!なお・・・。

なお・・・。

だめぇ・・・。

美佳、もう・・・。

あがぁぁ・・・。

はぁぁ・・はぁっっ!」

背中をのけぞらせながら、初めて聞く獣のようなうめき声を漏らす美佳。

そのいつもとのギャップにもうこらえきれなくなり、 「美佳!イく!イくぞ!」

そう叫ぶと、 「あぁぁっ!がぁ・・なお・・くん・・・。

まだ・・・。

あぁぁぁっ!もっと・・・。

してぇ・・・。

あがぁぁぁっ!」

もうこらえきれなくなり、射精した。

ドクンドクンと、驚くほど長い時間射精して、脳がしびれるほど感じた。

「あぁぁ・・・。

なおくん・・・。

愛してるよぉ・・・」

「俺も愛してる」

そう言いながら裸のまま抱き合っていたら、連日の仕事の疲れもあってか寝てしまった。

ふと目が覚めると、美佳がニコニコしながら俺を見つめている。

「おはよ!よーく寝てたね」

そう言いながらにこっと笑う。

「あぁぁっ!ごめん!寝ちゃった!」

慌ててそう言うと 「知ってるよw 疲れてたんだね」

そう言って頬にキスをしてくれた。

2時間ほど寝てしまったみたいだが、ずっと俺の寝顔を見ていたようだ。

こんな幸せがあって良いのかな?と思うほど幸せだった。

そして、そんなことがあって幸せを感じながら毎日過ごしていたが、休みの日の午後、美佳がちょっとスーパーに買い物に行ってる間家にいると、美佳のiPhoneの通知音がした。

忘れたんだ、そう思いながら何気なく見てみると、ロック画面にも、電話のアイコンにもメールのアイコンにも何も通知がない。

あれっ?俺のか?と思いながら、自分のiPhoneを見ても何も通知がない。

美佳のメールアプリを開くと、一件メールが来ていた。

通知音がするのに表示が出ない設定にしてるのか?と、不思議に思いながらみると、鈴木君という人からのメールだった。

開いてしまうと開封済みになるので、名前の下のプレビューを見ると、”美佳さん、あさってシフト変わってくれるそうです!約束通りで良いですよね?本屋さんの駐車場で待ってます!”こんな内容だった。

あさってというと、美佳のファミレスのバイトは昼から22:00までの日だ・・・。

これはどういうことなんだろう?まさか浮気?約束?まったくわからないC ほかのメールを確認するが、俺とか女友達や家族からのメールしかない。

送信済トレイを見ると、一件だけ鈴木君のメールを転送したものが残っていた。

美佳の名前が含まれるGmailのアドレスに宛てたものだった。

メールの内容は、"なんとか、阿部さんに美佳さんのシフト変わってもらえるように交渉してみます!変わってもらえたら、約束通りあれ着てしましょうね!美佳さん、もっと変態になっちゃうかもしれませんね”文の最後には、絵文字のハートがついていた・・・。

鈍器でいきなり殴られると、これくらいのショックを受けるのだろうか?倒れそうになった。

iPhoneをテーブルに戻すと、夢遊病のように家を出て行った。

気がつくと、公園にいた。

どう考えても、浮気をしている証拠に見える・・・。

だが、美佳に限って、絶対にそんなことはないはずだ。

あれは、冷静になってみれば、バイトで何か着て働くとかそう言う意味にもとれる。

ファミレスでの、イベントの時に着る何かかもしれない。

そう思うと、疑っている自分がばからしくなったが、わざわざメールを転送して保存しているのは?この前のセックスの時にいつもと違ったのは?そんな考えもグルグル回っていた。


俺と美佳は結婚して2年たち、まだ子供を作らずに二人で仲良く過ごしている。

俺は27歳のIT土方で、中肉中背のフツメンだ。

嫁の美佳は24歳で、小柄で華奢だが胸だけでかいという、俺的にはたまらない体をしている。

顔は美人と言うよりは可愛らしい感じで、マインちゃんに似ているとよく言われる。

昼間ファミレスでバイトしている美佳は、未だに女子高生によく間違われるそうだ。

客にナンパみたいな事をされることもちょくちょくあるようで、そろそろバイトをやめさせようと思っているくらいだ。

休みの日には二人で映画に行ったり、買い物に行ったり、動物園や水族館に行ったり、未だに付き合っているときと同じ感じでデートをしている。

一つだけ不満なのは、付き合い始めてから数えると5年たつのに、未だににセックスの時にマグロ状態な事くらいだ。

真っ暗にしてキスをして、俺が愛撫して、正常位で入れて、そのまま終わる・・・。

こんな感じだ。

アソコを触られるのも、なめられるのも、異常に恥ずかしがってほとんどできないし、俺のを口でしてもらったことは、おそらく今まで2回くらいしかない。

体位はバックや騎乗位も恥ずかしくて駄目で、最近ではあきらめて、ほかの体位を試すこともせずに正常位でのみしている。

声もあまり出さないし、おそらくイったことはないはずだ・・・。

でも、美佳のロリっぽいけどエロい体とセックスできるだけで、俺的には満足はしていた。

そんな感じで毎日過ごしているが、最近は下請けの担当がやらかしたミスで、孫請けの俺の会社が死ぬほど忙しく、会社での泊まり込みも多くなっていた。

そんなこともあって、ふと気がつくと2ヶ月近く美佳とセックスできていないことに気がついた。

仕事も一段落したこともあって、無性にセックスしたくなり、今日は早く家に帰った。

久しぶりに早く帰宅できたこともあって、嫁は大喜びで 「なお君!早いじゃん!やっと落ち着いたの?うれしいなっ!」

そんな風にはしゃいでくれた。

そして久々に外食をして、バーに行ってお酒を飲みながら 「ごめんな、美佳・・・。

寂しかっただろ?もう、終わったから、大丈夫だよ」

「お疲れ様!大変だったね。

寂しかったけど、頑張ってるなお君見てると、ときめいちゃったよ」

笑顔でそう言う美佳。

「なんだよ、それw 普段の俺じゃあ、ときめかない?」

「そうかもねw 真剣ななお君かっこよかったよ」

なんか、仕事の疲れやストレスが溶けていく気がした。

そして、少し酔ったからかもしれないが、珍しく美佳が 「なお君・・・。

今日・・・。

その・・・。

あれ・・駄目かな?」

恥ずかしそうに言ってきた。

「えっ?あれって?」

本当にわからなくて聞き返した。

「イジワル・・・。

しませんか?って事だよ・・・」

耳まで真っ赤にしてそう言ってきた。

俺の記憶が確かなら、美佳からセックスのお誘いをしてきたのは初めてのはずだ。

「もちろん!OKに決まってるし、そのつもりだったよ!」

「うれしいな!もう、出ようか?待ちきれないし・・・」

最後の待ちきれないしは、ものすごく小声だった。

正直、もうこの時点でがっちガチに勃起していた。

そして、腕を組みながら仲良く店を出ると、タクシーを拾ってラブホに行った。

ちょっと高いけど、スゴくきれいで人気のあるところだ。

結婚する前は、美佳とたまに行っていた。

確かフロントがややこしいところにあって、入り口がわかりづらかったんだよなぁ、などと思い出していると、美佳が迷わずに歩き出す。

腕を組んだままフロントに行って、パネルで部屋を選ぶ。

パネルにタッチパネル風に表示が出ているけど、操作は下の操作盤でするというややこしい機械だが、美佳が操作してくれた。

よく覚えていたなぁと、感心しながらエレベーターに乗って部屋に入った。

部屋は、ホテルのスイートルームみたいな豪華な感じで、テンションが上がった。

こらえきれなくなって、そのまま美佳をベッドに押し倒し倒してキスをした。

美佳も久しぶりだったせいか、俺を抱きしめて自分からも舌を絡ませてきてくれた。

こんな熱烈なキスは結婚してからはなかったなぁ、などと思いながらキスを続けた。

そしてキスをしたまま胸をまさぐり、服を脱がせにかかった。

美佳は、通常はほとんど真っ暗にしないと裸にならないし、シャワーを浴びないとセックスはしない。

しかし、久しぶりのセックスがそれほど嬉しかったのか、明るいままで服を脱がされていく。

オレンジピンクのフリフリがついた可愛らしいブラが見えて、興奮がMAXになった。

自分も脱ぎながら、美佳のスカートも脱がせると、ブラと同じパンツで、後ろはTバックだった。

こんな可愛らしくてエロい下着を俺とのデートに着てくるなんて、本当に可愛いし健気だと思った。

ブラをむしり取るように外すと、その小柄な体に似合わない大きな胸がボロンと飛び出た。

その乳首にむしゃぶりつくと、堅くしこっていた。

「あぁぁ・・・。

なお君・・・。

恥ずかしいよぉ・・・。

あぁ・・・。

あっ!電気・・・。

消して・・・。

ん・・・」

吐息を漏らしながら、恥ずかしがる。

この、いつまでたっても少女のようなリアクションに、興奮がさらに高まる。

電気を暗くすると、パンツも脱がしてそのまま舐め始める。

「だめぇ・・・。

汚いよぉ・・・。

シャワー浴びてから・・・。

はぁあっ!あっ!」

かまわずに舐め続ける。

美佳のアソコは、もう十分すぎるほど濡れていて、証明の薄明かりの中でもテカテカ光っていた。

クリトリスが勃起して包皮から半分以上顔を出しているので、指で剥いて直接舐めると 「あぁぁっ!はぁっ!ハッ!あふぅぅん・・・。

なお君・・・。

だめぇ・・・。

スゴい・・・。

気持ちいい!」

そう言いながら、ビクンビクン体が跳ねる。

「美佳、ここが良いの?スゴいよ・・・。

美佳のグチョグチョだよ・・・」

美佳のアソコを舐められるなんて、何年ぶりだろう?そう思いながら、夢中で舌を動かす。

すると、美佳が俺のチンポを握りながら 「なお君のだって、ガチガチでぬるぬるだよ・・・。

えっちぃ」

そんなことを言ってきた。

しかも、そのまま体勢を変えながら、俺のチンポを口に含んだ。

このページのトップヘ