溢れるエロエロ日記

風俗体験記「溢れるエロエロ日記」をご覧の皆様、はじめまして。 このブログでは風俗だけではなくエロい体験談の投稿を掲載していきます。 末永く、ご愛読いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

タグ:手コキ


個人病院に勤める看護婦です。

私の大切な患者さんについてお話します。

彼は14歳、生まれつき右足が不自由なうえに、交通事故でその足を 骨折して、うちの病院に運ばれてきました。

外来で時々きていたので、全く知らない訳ではありませんでした。

入院してからしばらくして、傷口の治療のため1階の診察室へ運ぶこと になりました。

個人病院ですから看護婦も3人しかいないので、彼を運ぶのに2人で とはいかなく、おんぶして連れて行こうと思い立ちました。

障害があるせいか身長も普通の14歳よりは小さく145cmほどしかない ので大丈夫だと思ったのです。

治療が終わり病室へ戻るときも当然おんぶでした。

病室へもどる廊下の途中で突然、私の胸をにぎりしめてきました。

あまりに突然のことで、びっくりしましたが、そのまま病室へ戻りました。

そのことがあった日から、なんとなく彼のことが気になってしまうようになりました。

入院経験にある方ならご存知でしょうが、一人でお風呂に入れない患者 さんは、看護婦が体を拭くことになっています。

ギブスがまだ取れない彼もその1人です。

といっても個人病院なのでそんな患者さんは彼だけです。

なぜか、そういう仕事は一番年下の私が一番多くやらされる。

病室へ入ると、学校の先生が持ってきた宿題をやっていました。

「体拭きしようか?」

と声をかけると、「はい」

と言ってベッドの上を 片付け始めました。

「服ぬいでね」

、「はい」

とても素直な返事です。

この前あんなことをした子とは思えないほどでした。

ふとみると、ほんとに見事にすっぽんぽんです。

なんか、とてもいとおしい感じでした。

オチンチンを洗っていると、やぱり14歳の男の子です。

元気です。

半立ち状態なのに大量の精液を出し始めました。

恥ずかしいのか彼は黙ってしまいました。

私も気づかないふりをして洗いつづけていました。

さすがに若い。

さっき出したのにもうギンギンになってて、しかも、大きい。

わざとタマタマを揉んだりチンチンをしごいたりしていました。

そして2回目の発射。

さっき出したのに結構な量が出てきました。

それでもまだ大きなままです。

「すごい・・・」

、アソコが濡れるのがわかりました。

「まだ出そう?」

ときくと、はずかしそうに「はい」

と答えました。

しごきつづけてあげました。

少し間隔をあけて3回目。

ようやく落ち着きました。

「いっぱい出たね」

「うん」

「他の看護婦さんに言ったらだめだよ」

「はい」

「この前、わたしのオッパイさわったでしょう?」

「だっておおきいから・・。

ねえ、なにカップ?教えて」

「Eの88。

すごいでしょう。

じゃあね」

数日後、体拭きの担当がまわってきました。

しかも、彼一人だけしかいない。

「おはよう。

体拭きしようか?」

「はい」

「今日は何回出すつもり?」

「○○さんがしてくれたら何回でもいいよ」

「へー、そりゃ楽しみだな」

「じゃ、脱いで」

「今日は、もうたってるじゃん」

「だって、大好きな看護婦さんに体拭きしてもらえるもん」

「他の看護婦さんのときは、出してないの?」

「勃つけど、どうにか我慢できる」

「私のときは我慢しないんだ?」

「あんなにさわられたらできないよ」

そして陰部洗浄へ・・。

見事3回爆発。

「もう出ないの?」

「出ると思うけど時間かかると思う」

「そっか」

私は、彼の乳首をなめながら、手袋をはずし右手でしてあげました。

気持ちいいのか、全身ピクピクしています。

すると、ムクムクと大きく硬くなってきました。

さらに続けると白い液体が流れ出しました。

「記録更新だね」

「次、○○さんの体拭きまでオナニーしないようにしよう。

そしたら、7回くらいできそうな気がする」

「我慢しなくていいよ。

したいときはしないと、私みたいな看護婦さん ばっかりじゃないんだからね」

「わかった。

ねえ、○○さんのオッパイ見たい、見せてお願い」

「ギブスがとれて、お風呂に入れるようになったら見せてあげる」

と冗談で言ったのに、「約束だよ、絶対だよ」

必死になって言うのでつい約束してしまいました。

そしてついに、ギブスがとれ、お風呂に入る日がきました。

一人でお風呂に入るのが危ない患者さんには、看護婦が介助してあげます。

ナース服の上に魚屋さんがつけているようなエプロンに長靴、 これで、お風呂場に長時間いるのですから汗だくです。

病室の順番で彼が入るのは一番最後でした。

「お待たせ。

お風呂いこうね」

「やっと、お風呂に入れる。

うれしいよ」

服をぬがせると、やっぱり勃ってる。

危ないので椅子にに座らせ、シャワーをかけてあげました。

「約束覚えてる?」

「忘れてないわよ。

ちょっと待ってて」

誰か入って来ては大変なのでカギをかけ、そして全裸になりました。

ソープランド状態でした。

彼の体を洗ってあげていると、胸をさわってきました。

抵抗する気はありませんでした。

私も彼のチンチンを口にくわえました。

14歳、フェラチオの経験などなかったはずです、とても驚いた表情でした。

刺激が強かったのか、口の中にそのまま出してしまいました。

「気持ちよかった?」

「うん、すごくよかった」

彼を抱きしめ、乳首を吸わせました。

舌先で乳首を転がすようにやさしく舐めてくれました。

私も椅子に座り、チンチンをにぎりアソコへ導きました。

ゆっくりと腰を動かしました。

アソコのなかでも脈打っているのがわかりました。

そして、私の中に出してしまいました。

彼はリハビリの為、来月末までの入院です。


俺:28歳、中肉中背、ルックス中の下。

嫁:26歳、やや巨乳(Dカップ)、ルックス中の中(テレ東の狩野アナ似)。

結婚して2年が経つ夫婦ですが、俺の嫁は手コキがうまい。

俺がオナニー感覚で嫁に手コキをお願いしてかれこれ1年が経つ。

セックスよりも手コキの方が好きで、フェラよりも手コキが好きな俺。

とある休日のお昼、テレビを見ていた俺たち夫婦。

ふと俺が、 「手コキしてくれない?」

と呟く。

すると嫁は 「えっなに?急に?」

みたいに動揺する。

自然な流れで、冷静を装った俺はそのまま押し切った。

「お願いだよ」

「えっまぁいいけど」

「マジで!?」

ソファーの上でズボンを脱ぎ、俺の左にいた嫁が正面のテレビを見たまま少し右斜め下に視線を送り、勃起していないチ○ポを握る。

「ふにゃふにゃだけど、本当に手コキされたいの?」

「いや勃起したから、手コキされたいともならんけどな(笑)」

そんな会話をしながらスタート。

シュ、シュ、シュ、シュ、シュ 何度か握り直しながら俺のチ○コをシゴイていく嫁。

しかし、なぜか視線は「テレビ7」

:「チ○コ2」

:「俺の顔1」

の割合。

会話はほぼ皆無だった。

「もっと気を利かせて喋るとかしないの?」

「てか、それこっちのセリフだし!急に『手コキして』って言ったの自分なんだからそっちが気を利かせて」

「じゃあ・・・・・・乳首も触って!」

「会話とか関係ないじゃん、それ(笑)」

と言いつつも、正面姿勢から若干右に姿勢を移行させる。

左でチ○コを握り、右で俺の左乳首を触る。

「あっ、すごい勃起してきたね(笑)」

「男の乳首は女のクリトリスだからな」

「はいはい」

ふざける俺に対して多少は笑うけど素っ気ない態度な嫁。

嫁はSであるが、何でも言うことはきくし、押しに弱い一面がある。

「俺君にはローションいらないよね」

我慢汁が既に大量分泌。

「もっと必要だと思うからオッパイ触るね」

左手で嫁の右乳にタッチ。

「んんっ」

と言いながら軽く抵抗するも、しっかり触らせてくれる。

Dカップで美乳、俺としてはもっと欲しいと思うが十分な乳だ。

「そろそろイク」

「えっ、もう?」

俺はティッシュを要求したが、なぜかシゴくのをヤメない嫁。

慌てる俺。

冷静を装ってシゴくスピードを上げる嫁。

「待て、あと10秒ももたないと思うが・・・・・・!!」

悶絶する俺に対して 「多分、俺君の右にあると思うよ」

とやはり冷静な嫁。

しかし、顔は若干イタズラな笑みを浮かべている。

チ○コを握られているため、行動範囲が限られる。

右側に上半身を倒すと、ソファーの下にティッシュ箱が! 少し伸ばせば取れると思い、ティッシュ箱に手を伸ばすがあっちの方は暴発5秒前! 「ドクドクしてる~」

と言いながら、いつの間にか両手でチ○コを包み込んでいた嫁。

「バカ、一回やめー!!」

盛大に射精! 「ちょっと何してるの!?」

理不尽にも嫁から叱られた俺は、上半身を倒したまま射精した。

手がべとべとになった嫁にティッシュを渡し、嫁は自分の手を、俺は自分のナニについた精子を拭き取った。

「何か面白かったねw」 と嫁。

以降、俺はことあるごとに嫁に手コキをお願いした。

オナニー感覚で嫁にシゴいてもらう、時に背徳的なシチューエーションも欲しくなり、嫁が友人と電話中にシゴいてもらうことも。

その時は、怒り顔+高速手コキで約2分くらいで暴発した。

射精したあとはシッシッと、あっちに行けと俺のことを追い払った。

最近では嫁も俺のツボを知ってきて、勃起していない状態から約30秒で射精させられるようになった。

そんな嫁がいるからこそ、結婚してから風俗に行ってません。


高二の修学旅行に行ったときのこと。


オレと悪友Tと2人、夜に仲の良かったクラスの女子(M美、S香、E子)の部屋に遊びに行った。

3人とも、ちとギャル入ってて可愛い。

特にE子は他校からも声をかけられる美女。

部屋に行ったオレらは、お酒を持ち込み宴会をした。

酔いもまわってきて、いつしか下ネタトークへ発展していった。

下ネタは普段から話している仲で、酒の勢いでこの日はいつも以上に盛り上がった。

突然Tが、「女の子はオナニーするの?」

と話を振ると、女全員「しないよー!」

俺「しないのかよ、Tなんて毎日オナニーしてるよ」

S香「見たい見たい!見せてー」

積極的なS香が言い出し、E子とM美も乗ってきた。

最初は冗談っぽく言っていたが、だんだんオナニーしないといけないノリになってしまい、オレまで一緒にオナニーすることになった。

T「そのかわり、3人も上脱げよ!」

一瞬ためらって、S香は「ブラだけならいいよ。」と言うと、Tはためらいも無くスボンを下ろした。

Tのティンポは既に大きくなっていて、S香「ってか、もう大きくなってんじゃん(笑)」

女の子3人はTの勃起したティンポを興味深く観察し、「コタローも早く脱いじゃいなよ」

と言ってオレのズボンを脱がそうとする。

大胆なTに対し、オレは恥ずかしさのあまり躊躇していた。

そして意を決してズボンを脱いだ。

T「うわ、デカイなお前!」

オレの勃起したティンポはTよりも明らかにデカかった。

女3人はオレとTの勃起したティンポを交互に観察していた。

力を入れて上下に動かしてやるとビックリしていた。

喜んでくれるので調子に乗ったオレとTは、ティンポでチャンバラごっこをしたり、女の頭に乗せてチョンマゲをしたりしてふざけていた。

3人の中で唯一処女だったE子、勃起したティンポを見るのは初めてで、顔を赤くしながら特に驚いていた。

それからTは、「約束だよ。

早くブラ見せてよ」

と言い、3人に促した。

しばらく間があったが、S香が先陣を切ってシャツを脱いだ。

S香の胸はさほど大きくはないが、形は良さそう。

(B82くらいか…)お酒の影響か、体が少し赤く火照っていた。

続いてM美とE子もシャツを脱いだ。

M美の胸は、B85はあって、黒ブラだったのでかなり興奮した。

オレはTと企んで、E子がシャツを脱ぐ瞬間、顔の前1センチくらいにティムポを近づけた。

いきなり顔の前に2本の勃起したティムポを目にし、E子は本気でびっくりしていた(笑)E子の胸は、S香と同じくらいだろうか、黄色の可愛いブラをしていた。

それからTはE子へ、「ココから精子が出るんだよ、ピュッて飛ぶんだよ」

…等解説した。

E子の「精子が出るとこ見たい」

の声で、オレとTは3人の女子の視線の中、ビンビンに勃起したティンポを擦った。

女子「へぇ、こうやってやるんだぁ」

興味深々に観察していた。

オレはかなり興奮し勃起度は過去最高だったが、3人の視線にイクのに集中出来ないでいた。

すると2分程でTが、「そろそろ出るよ。うっ…」

と言って床の上に大量のザーメンを撒き散らした。

女「うわぁ、ほんとに飛んだぁ」

女子3人は、射精後のTのティムポや床に飛んだTの精子を観察し、しばらく匂いを嗅いだり精液に触れたりして騒いでいた。

オレは、なかなかイクことが出来ないでいると、S香が寄って来て…「まだ出ないの?」

と言ってティムポを擦ってくれた。

S香「こうやって擦ればいいの?」

S香の細い指が、オレの太くなったティムポを握って不器用にコスコス…ちと痛かったが、その不器用さがイイ!!オレは膝立ちの状態が辛くなったので、ベッドに仰向けになった。

そしてさらにコスコス…そしてM美も混ざって交互にコスコス…コスりながらピチャピチャ音が出てきた。

S香とM美の手にはオレのガマン汁がベットリ!だんだんとイキそうになってきて、手コキだけでは我慢出来なくなったオレは、2人に舐めてもらうようお願いした。

最初は躊躇していたが、半ば強引に2人の顔をティンポに近づけ、頼んでみた。

「えぇー」

とか言いながらもチロチロと軽く舐めてくれた。

じれったくなってオレはM美の頭を押さえて、思いっきりティムポを突っ込んでやったら、M美「おぇーってなるじゃんかぁ、やめてやぁー」

さすがに怒られた。

次第にエスカレートしていき、S香とM美は本気で舐め始めた。

S香のフェラは時々歯が当たって痛かったが、奥まで深く咥えこむのがたまらなく気持ち良かった。

M美のフェラは、先っぽ中心の速い上下ピストン!これまた気持ちイイ!!そこにイッたばかりのTが、「オレのも舐めてくれ〜」

とやってきて、M美のフェラを受ける。

Tのティムポは、もうビンビンに復活していた。

T「見てたら立ってきたよ。

オレも混ぜてよ」

S香→俺、M美→Tのフェラ合戦!!部屋中にチュパチュパ音が響いていた。

ただ、この状況をE子だけは黙って見ていた。

オレはS香のフェラを発射限界で我慢し、E子を誘ってみたが、E子「ううん、見てるから続けて」

と言われてしまった。

目の前の光景に圧倒されてる感じ。

(未だ経験無いんだもん、それも無理ないか…)俺「んじゃぁ、見ててよー、出すよー!オラっ!」

オレはS香にフェラを止めさせ、最後はS香の手コキで腹上射精した。

5回くらいピュッピュって飛び、S香の手やベッドにも飛ばしてしまった。

S香「いっぱい出たねぇ、こんなに飛んだのは初めて見た」

そしてE子は、ティッシュを持ってきてくれて、飛び散ったザーメンを丁寧に拭いてくれた。

でも、ティムポについたザーメンまでは拭いてくれなかった(泣)Tの方に目をやると、ふとんに包まってなにやらゴソゴソM美と戯れていた。

オレはS香とE子に「あいつらヤってんじゃない!?」

とこっそり言うと、S香は「ふとん剥いでやろうか?」と。

おもしろそうなので、3人でTとM美のふとんを剥いでやった!!ふとんを剥ぐと…いきなりM美のマムコが飛び込んできた!!TがM美とキスしながら手マムしていたっ!M美は、Tに膝までパンティを下ろされ、必死に声が洩れるのを我慢していた。

オレはTと目が合ったが、Tは手を止めようとしなかった。

なんだかこっちが恥ずかしくなる。

E子は居心地が悪くなったのか、ベッドから離れてテレビの前にチョコンと座っていた。

オレとS香は、ベッドの脇の床で2人のセックスを見ていた。

(M美のマムコが、ちと黒かったのには驚いた)Tの指が2本入って、クチュクチュ音を立ててる…オレのティムポは、完全復活して脈打っていた。

オレはもうムラムラきていて、我慢できなくなってきていたところに、S香がオレのティムポを握ってきた。

オレはS香に手を出した。

なんか暗黙の了解みたいな感じで、全く抵抗されなかった。

オレはブS香のブラのホックを外して、優しくオッパイを揉んだ。

S香の小さな乳首を吸ったり、舐めたり、転がしたり…S香「うぅぅん…うっ」

と、ベッド上のM美と同様、声を押し殺している。

オレはベッドとベッドの間の床にS香を押し倒してキスをした。

そして、スカートをめくり、パンティの上から刺激すると、S香「あぁっ!」

と可愛い声を上げた。

その声で一瞬、ベッド上のTとM美が覗いてきた。

E子とも目が合ったが、すぐにテレビの方を向いてしまった。

TとM美が覗き込んでいる状況でも、オレはそんなのお構いなしに、S香とのエッチに萌えた。

S香の濡れまくったパンティを一気に引きずり下ろし、足首に引っ掛けた。

(コレ基本)そして、クリを摘んだり、コリコリしたり、指を入れたり…S香の声はは次第に大きくなっていった。

「あぁ、あっ、ぁ〜ぅ」

普段聞かない甘いトーンの喘ぎ声で、なんだかS香のことが可愛く思えてきた。

そして、S香のマムコに顔を近づけ、思いっきりむしゃぶりついた。

(ちと、臭かったがこれもお構い無し)オレは、S香のマムコをしばらくナメナメしていた。

吸ったり、指を入れながらクリを舌でマッサージしたり…オレは「ココ気持ちいいの?」

と聞くと、S香は可愛い喘ぎ声で「うぅん」

と答え、さらに萌えてサービスした。

しばらくすると、ベッドの上のM美の声が激しくなった!見ると、TがM美の両足を抱えこむ体制でピストンが始まっていた。

M美の声は、そんなに大きくないが、よく響く声だった。

(廊下まで聞こえちゃうんじゃねえか…)それからTのピストンは小刻みで速かった(笑)オレも負けまいと、S香の両足を開いてマムコへズブリと挿入。

ベチョベチョに濡れていたので、スッポリ入ってしまった。

S香の体は力が入っていたので、ゆっくりピストンした。

ティムポの先から根元までゆっくり挿入し、またゆっくり先っぽまで抜く…「あっ、あっ、あっ、あぁぁ」

S香の声がだんだん大きくなっていった。

オレもピストンを徐々に速くしていった。

だんだん膝が痛くなってきたので、(床のマットと擦れて)Tらの隣のベッドにS香を寝かせ、両足を開いて再び挿入した。

オレは今度はS香を四つん這いにさせ、後ろからバックで突いた。

パンパンパン…という音が部屋中に鳴り響き、Tと目が合って、お互い思わず笑けてしまった。

それから、バックの体勢を、E子のいるテレビのある方を向けてしまった。

E子はチラチラこっちを見ていた。

オレがバックでS香を突いてるときに、Tのピストンが急に速くなり、M美のお腹の上に発射させていた。

一足先にイッたTは、M美とE子も近くに呼んで、オレとS香とのセックスを鑑賞しながら、TはS香に「気持ちイイか?」

とか「丸見えだよ」

とか「イクの?」

とかイジワルを言った。

S香「もぅぅ、あっ、あっ、やめてやぁ・・・あっ」

みんなに見られながらのセックスはめちゃめちゃ興奮した。

E子も真剣に目の前のセックスを見ていた。

オレは今までこんなに萌えたことは無かった。

それから、体位を正上位に変え、激しくピストン!!S香「あぁ、ダメ。

もぅダメ〜!あぁぁぁ〜」

俺「あぁぁ、イクよーー!出すよー!あっ!出るっ」

最後は、S香のマムコの上にたっぷりと発射した。

最高やった!
 


この話は地元の病院に入院した時の実話です。

僕は32歳になる会社員です。

4年前の12月に突然の吐き気に襲われ、夜間に救急車で 地元の病院に運ばれました。

すぐに診察してもらい、解熱剤を注射してもらい、 とりあえずは明日に検査してみないと、と言われ、 その日は入院することになりました。

そして看護婦さんを呼ばれ、救急病棟に連れていかれました。

普通の病棟ではないので、病室じゃないんですか、と聞くと 病名がわからないのでとりあえず、とのことでした。

非常に事務的な対応でむかついたのですが、エレベーターの あたりで別の看護婦との引継ぎをして、違う看護婦が声を かけてきました。

かわいい声、まさに白衣の天使です。

「担当の篠原です。

さあ行きましょうか」

そしてベットに寝かせてもらい、何かあったらナースコールを するよう説明を受け、立ち去っていきました。

わけもわからず入院させられ、翌日は朝からずっと 点滴をうってもらっているのですが、どうしてもトイレに 行きたくて自分ではどうすることもできないので、 ナースコールをしました。

すると来ました、白衣の天使が。

「ちょっとトイレに行きたいんだけど・・」

すると看護婦さんは、 「ベットでも出来ますが、どうしますか?」

「おしっこなのでトイレでできますので」

「わかりました、私が介助しますよ」

え~、という感じでしたが毎日の点滴で腕が痛くて ズボンをおろせなかったのでやむなくお願いしました。

実は僕は20歳のころにエッチをしたきり、それ以来 女性と付き合ったことがなく、エッチもしていません。

それにペニスが小さく、仮性包茎なので、見せるのも 恥ずかしいのですが、看護婦さんが一緒に行くと言うから、 しかたなく同伴で行くことにしました。

トイレに着くと看護婦さんは 「失礼しま~す」

と言って後ろからズボンとトランクスをおろすと 「ちょっと後ろに居られるとでないんですけど・・」

「腕が使えないでしょ?便器からはみ出さないように  私が支えておきますから」

と言って僕のおちんちんを握り、 「さあ、出してもいいですよ」

むちゃくちゃ恥ずかしかったのですが、尿意には勝てず、 一気に放出しました。

「すっきりしました?」

「え、ええ」

看護婦さんは手際よく僕を正面を向かせると、 ニヤニヤしながら、 「だいぶ汚れてますね、匂いもしますね」

僕の仮性包茎のおちんちんを見ながら、ズボンを上げ、 部屋に戻るように言いました。

部屋に戻ると看護婦さんがお湯とタオルを持ってきて、 「少し体を拭きましょう、すっきりしますよ」

看護婦さんは上着を脱がせて、事務的に、背中、胸、腹などを 拭き始めました。

そして、 「ズボンも脱いでください」

恥ずかしかったけど言われるままにズボンを脱ぐと、 「ここもきれいにしておきますね」

看護婦さんの温かい手が僕のペニスを触ると、 正直なものでだんだんと勃起してきました。

「ああ~、」

「大きくなってきましたよ、大丈夫ですか?」

「い、いや、あの・・・」

「じっとしていてくださいね、きれいにしますから」

看護婦さんは握ったまま手の動きを止めて、おさまるのを 待ちましたが、それどころかさらに硬直しています。

「元気ですね、でも少し包茎ぎみですね、ちゃんときれいにしないとね」

看護婦さんは皮を一番下まで下げ、持ってきていたボディソープで ペニス全体をシコシコするように洗い始めました。

「うっ、ちょ、ちょっと、ああ~」

「気持ちいいんですか?」

急に看護婦さんの声が小さくなりました。

「え、ええ、あ、あの、ああ~っ」

看護婦さんは玉袋やお尻の穴あたりまで洗ってくれ、 僕はもう天国にいきそうになりました。

「あ、ああ~っ、で、でるっ、ああ~っ」

看護婦さんの手の中でいってしまいました。

「すっきりしましたか?」

「は、はい」

「今日はこれで終わりで~す」

それにしても看護婦さんってこんなにあっさりしたものなのかと 思いました。

手つきも若いわりにうまく、男であれば誰でも 射精してしまいます。

なんにせよおいしい体験をしました。


そして下から袋を舐め始めました。

僕は袋が弱く声を出しそうになりました。

奈美は袋を舐めたまま、モノの根元から更に延長線を辿るように肛門付近まで繋がっている内部のモノを指でなぞりました。

僕は声を出さないように必死に堪えました。

奈美はそのままもう片方の手でモノ本体を握って上下させました。

僕は腰が浮きそうになりました。

このまま続けられたら出るかもしれない、という時に奈美はそれらの動きをやめました。

そして、再度僕の様子を確認すると 「起きてる?」

とはもう聞かず、黙って僕の上に跨り 「ごめんね」

と言い、自分の穴を僕のモノへと押し沈めました。

自分の奥まで沈めると彼女は 「はぁぁ…」

と深く息を吐き出しました。

それ以上の大きさで僕は息を吐き出したかったです。

初めての生での挿入がこんなに気持ち良いものだと知らなかったからです。

ゴムとは全然違う感触・温かさに驚きました。

奈美はしばらくゆっくりと出し入れしましたが、その度に奈美の穴の側面がモノに吸いついてきました。

まるで本当に僕に早く射精させる為に動いているようでした。

奈美は一度奥深くまで腰を落とすと、僕の首の後ろに両手をやり僕の体に少し状態を預けました。

その体勢から一気に動きを速めて出し入れしだしました。

彼女から出てきた液がチャッチャと音を立てました。

奈美を息を荒くしていました。

耳元が彼女の息で温かかったです。

彼女は小声で「あっ…」

と言い、直後にビクンビクンと痙攣を始めました。

穴がきゅっと締まりました。

彼女は僕の胸の上に頭を乗せ、呼吸を整えました。

もう終わったらどうしよう、と思っていると彼女は再び頭を上げ、更に激しい動きで挿入運動を始めました。

更に手で僕の弱い袋を軽く摘みました。

僕は声も出そうになり、イキそうにもなり、必死に息を止めました。

それでも彼女は動きを止めませんでした。

どんどんどんどん僕の射精感は高まっていき、もう我慢出来ない所まで来てしまいました。

このままでは中出しになってしまうと思い、僕は必死に堪えましたがもう限界でした。

もう腕でどかそうと思いましたが、後ろ手が上手くほどけませんでした。

それでも何とか諦めずに何か考えましたが、彼女は僕の上半身に腕を回し、後ろ手されている両手を押さえ付けました。

それで僕はもう諦めました。

先にイッたのは彼女でした。

彼女は再び痙攣をし、僕のモノを一番深く入れたまま僕の体に倒れました。

その痙攣に僕はイキました。

ビュ、という音が聞こえるくらいの凄い勢いで、僕は彼女の一番奥で射精を繰り返しました。

「あぁぁ」

と彼女は高い鳴き声を出しました。

彼女の穴は僕の出す精子を絞り上げるように動いていました。

僕が全てを出し終えるのに8回程のピストンがあったとは思いますが、それらを全て終えても彼女はまだ僕のモノを奥深くに挿し込んだまま、僕の上体にもたれていました。

僕が不安になるくらい彼女はその状態を続けました。

5分くらいは経っていたと思います。

ようやく彼女はゆっくりと僕のモノを抜きました。

僕から見ても簡単に分かる程、彼女の穴から僕の下腹部へ精子が垂れてきました。

彼女は僕の腹の上で跨ったまま自分の穴を手で押えていましたが、やがて諦めるように手を外しました。

彼女の穴から僕のお腹へゆっくりとたくさんの精子が垂れてきました。

精子が出終わると彼女は僕の横に移動しました。

何をするかと思ったら、彼女は僕のお腹にプールの様に溜まった精子を舌で舐めとり始めました。

時折じゅるっという音を立てながら彼女は僕の精子を口に吸い入れました。

ある程度吸い取ると、丁寧にお腹を舐め上げて綺麗にしました。

そして、モノを口に含むと尿道管から指で押し上げ、残った精子をポンプの様に吸い上げました。

陰毛に付着した精子も舐めていました。

ただ、僕のモノはその吸い取りの刺激でまた大きくなってしまいました。

彼女はそれを見ると自分のカバンの方へ行き、何やら探し出しました。

暗くてハッキリとは見えませんでしたが、恐らくカメラのフィルムケースの様なものでした。

そこからは少し怖かったです。

彼女はまるで僕をイカせる為だけの様な動きで、僕のモノを手コキし始めました。

そして刺激が足りないと思ったのか、袋や肛門など色んなところを舐め始めました。

もちろんその間も手の動きは止まりませんでした。

やがて僕がイキそうになった事を気付いたらしく、僕の射精口に先程のフィルムケースをあてがいました。

僕は精子を採取されるのだと知りました。

彼女の手の動きは一段と速くなりました。

やがて僕は2度目の射精をしました。

彼女は痙攣する僕のモノを手で押え付け、上手くケースに収めようとしていました。

僕の射精が終わると、彼女はフィルムケースを僕から離し、大事に扱って蓋をきゅっと絞めました。

ケースをカバンにしまうと彼女は先程の様に僕のモノを絞り出し、精子を吸い上げました。

その日以来、彼女とはしばらく連絡を取らず、次に会ったのは年末でした。

旦那が年末年始は出張の仕事だそうです。

この時、彼女は僕に頭を下げて 「お願い、精子を下さい」

と言いました。

その時もフィルムケースを持ってきていました。

今度は一番新鮮な精子を彼女に採取されました。

何に使うんだ?と聞くと、口に含んで舌で転がしたり飲んだりするそうです。

彼女は 「今度会う時は一週間くらいオナニーしないでね」

と言って帰っていきました。

このページのトップヘ